プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

キッコーマン株式会社

食塩分50%カットの減塩しょうゆ!「いつでも新鮮 特選 丸大豆減塩しょうゆ」新発売!

7月11日

キッコーマン株式会社

食塩分50%カットの減塩しょうゆが“いつでも新鮮シリーズ”に新登場!
「キッコーマン いつでも新鮮 特選 丸大豆減塩しょうゆ」新発売!

キッコーマン食品株式会社は、8月21日より、「キッコーマン いつでも新鮮 特選 丸大豆減塩しょうゆ」を全国で新発売します。

【画像: http://prw.kyodonews.jp/prwfile/release/M103831/201707113572/_prw_PI1im_5zMExI17.jpg

■商品特徴
「キッコーマン いつでも新鮮 特選 丸大豆減塩しょうゆ」は、丸大豆(*1)を100%使用した、特選(*2)規格の減塩しょうゆです。
通常のしょうゆ(*3)に比べて、食塩分を50%カットしており、“いつでも新鮮シリーズ”では最大の食塩分カット率です。
丸大豆原料由来のまろやかな味わいと、特選規格ならではの豊かな旨みとコクが特徴で、食塩分を50%カットしていながら物足りなさを感じることなく、しょうゆらしいしっかりとした味わいです。
お刺身やおひたし等につけたりかけたりするのはもちろんのこと、煮物や炒め物など、普段の料理に幅広くお使いいただけます。

■減塩しょうゆについて
「減塩しょうゆ」と表示することができるのは、「しょうゆ100g中、食塩量9g以下(ナトリウム量として3,550㎎以下)」と定められています。一般的なこいくちしょうゆの半分近い食塩分にまで減塩してはじめて「減塩しょうゆ」ということができます。
キッコーマンでは、しょうゆ本来のうまみやコク、香りをそのまま味わっていただけるよう、通常のこいくちしょうゆをつくってから食塩分を取り除く製法で「減塩しょうゆ」にしています。

■“いつでも新鮮シリーズ”について
“いつでも新鮮シリーズ”は、2010年9月の「いつでも新鮮 しぼりたて生しょうゆ」500mlパウチ(現在は終売)の発売を皮切りに、2011年8月には200mlボトル、2012年8月には450mlボトル、2014年8月には330mlボトルを発売しました。“いつでも新鮮 やわらか密封ボトル”(*4)を使っているため、開栓後も常温で90日間、しょうゆの鮮やかな色、味、香りを保ちます。

そのおいしさと使い勝手の良さから、ご好評いただいている“いつでも新鮮”シリーズ全体の2016年度の売上は、105億円となりました。現在、お客様の用途に合わせてお選びいただけるよう、原料や製法にこだわった生しょうゆや、減塩・低塩タイプ、だししょうゆなどを発売しており、今回発売する「いつでも新鮮 特選 丸大豆減塩しょうゆ」と同日発売の「いつでも新鮮 旨みあふれる牡蠣しょうゆ」「いつでも新鮮 九州うまくちまろやかしょうゆ(九州エリア限定)」を合わせ、全16種類22アイテムのラインアップとなります。

当社は、しょうゆの国内トップメーカーとして、これからもお客様のニーズにお応えした商品の開発に取り組んでまいります。

(*1)丸大豆とは、丸ごとの大豆のことです。丸大豆は油脂を約20%含んでおり、一部はしょうゆに溶け込み、穏やかな風味のもととなります。

(*2)しょうゆは、日本農林規格(JAS規格)により、「特級」「上級」「標準」に分けられます。「特級」の基準値に比べて、うまみ成分の基準となる“全窒素分”が10%以上多く含まれているしょうゆに“特選”と表示することができます。

(*3)通常のこいくちしょうゆ(食塩分17.5%)と比較して

(*4)ボトルの中にしょうゆが詰められた内袋が入っている「二重構造スクイズボトル」と、注いだしょうゆと同量の空気がボトルと内袋の間に入り、内袋には空気が入らない仕組みの「ダブル逆止弁キャップ」を採用した、使いやすさと新鮮さをキープする機能を兼ね備えた容器です。押す力の加減により、一滴単位から注ぐ量を調節できます。

                    記

1.品名及び内容量、価格
品 名  キッコーマン いつでも新鮮 特選 丸大豆減塩しょうゆ
内容量  450mlボトル
希望小売価格 300円(1本あたり、消費税別)
※上記の希望小売価格は、あくまで参考価格で、小売業の自主的な価格設定をなんら拘束するものではありません。

2.発売時期  2017年8月21日
3.発売地域  全 国
4.消費者お問い合わせ先  キッコーマンお客様相談センター  TEL 0120‐120358

                                   以上

いつでも新鮮 特選 丸大豆減塩しょうゆ
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 マッチスケジュール  試合日:12月23日(土・祝) … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ