プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

松山市役所

子規・漱石生誕150年記念『第15回坊っちゃん文学賞』応募結果について

2017年7月11日

松山市

子規・漱石生誕150年記念
『第15回坊っちゃん文学賞』
応募結果について

今回の応募総数は1,941点

小説部門:854点
ショートショート部門:1,087点

 松山市は、昨年7月から実施していた、新しいタイプの青春文学小説を募る「第15回坊っちゃん文学賞」の作品募集を、本年6月30日に締め切りました。今回の応募総数は1,941点で、小説部門が854点、ショートショート部門が1,087点となりました。

  応募者の内訳は、年齢別では、小説部門については60歳代以上(208点)が最も多く、次いで40歳代(205点)、ショートショート部門においては30歳代(250点)が最も多く、次いで20歳代(212点)が多い結果となりました。地域別では、両部門ともに東京がこれまで同様群を抜いて多いものの、愛媛県のショートショート部門は、東京に次いで2番目に多く作品が寄せられ、そのうち地元・松山市内からの応募は6割強を占めています。また、海外からは両部門合わせて16点が寄せられました。
 これらの作品は現在審査の途中ですが、本年11月下旬に実施の最終審査会を経て、小説部門では大賞1作品、佳作2作品を、ショートショート部門では大賞1作品、佳作1作品、子規・漱石特別賞1作品を選出いたします。
 なお、小説部門の大賞受賞者には賞金として200万円、佳作受賞者には賞金50万円を、またショートショート部門の大賞受賞者には賞金20万円、佳作受賞者には賞金5万円、子規・漱石特別賞受賞者には賞金5万円を贈るほか、それぞれの大賞作品を株式会社マガジンハウス発行の「Hanako」誌上に全文掲載の予定です。


 松山市は1889年(明治22年)の市制施行以来、四国の中核都市として発展を遂げる一方、文化的にも、正岡子規、高浜虚子など多くの俳人を輩出、夏目漱石の代表作『坊っちやん』の舞台となった地として全国に知られています。「坊っちゃん文学賞」は、このような文学的な背景のある本市が、新しい青春文学の創造を目指して1989年(平成元年)の市制100周年を機に創設したものです。作品は隔年で募集し、大賞ならびに佳作作品を決定しています。審査員は、椎名誠(審査員長)、早坂暁、中沢新一、高橋源一郎の諸氏です。
地元・松山市の敷村良子さんが第4回大賞を受賞した『がんばっていきまっしょい』は、単行本を出版後、1998年(平成10年)に田中麗奈さん主演で映画化され、さらに2005年(平成17年)にはテレビドラマとして全国放送されるなど、大きな反響を呼びました。他にも、単行本化をはじめ、テレビ・ラジオドラマ化された作品を生んでおり、文芸関係者以外からも注目を集めています。

今回、坊っちゃん文学賞は第15回の節目であるとともに、審査発表を行う本年は、正岡子規・夏目漱石生誕150年を迎えることから、これを記念し、新たにショートショート部門を設けました。

『第15回坊っちゃん文学賞』 作品応募状況

☆募集期間    平成28年7月26日~平成29年6月30日

☆応募総数    1,941点  (第14回 911点 *小説部門のみ)
         – 小説部門       : 854点
       - ショートショート部門(SS):1,087点

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

ラウンド16(4回戦)マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 ラウンド16(9月20日開催)のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 ラウンド16 マッチスケジュール   … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ