プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

丸紅情報システムズ株式会社

高性能防災用ラインアレイスピーカー販売開始 ~米国LRAD製品 定格入力50Wで大音響を発生~

2017年7月10日

丸紅情報システムズ株式会社

高性能防災用ラインアレイスピーカー販売開始
~米国LRAD製品 定格入力50Wで大音響を発生~

丸紅情報システムズ株式会社(略称:エムシス/MSYS 以下、「MSYS」)は、米エルラド(以下、「LRAD」)社製の50W対応高性能防災用ラインアレイスピーカー「サウンド・セーバー・エックス(以下、「SSX」)」を販売開始します。ラインアレイスピーカーは、複数のスピーカーを線状に配置することで音の拡散を防ぎ、音圧の減衰を和らげることで音響到達距離を伸ばす効果があります。

SSXは従来モデルSS400の後継機種で、全面的にモデルチェンジを行いました。LRADが独自開発した高性能スピーカー・ドライバを縦列線状に6個配置し、50Wの入力で760m先の地点へ65dB※1(声が明瞭に聞き取れるレベル)の音を届けることができます。出力音圧レベルは、1W・距離1m・周波数1kHzの条件で117.2dB※1(自動車のクラクション程度)を実現し、最大音圧は50W時で134.2dB※1、120W時で137.8dB※1で、音の指向角は、水平90度・垂直15度です。
SSXは、50Wに加え定格入力30Wと120Wの接続端子を筐体背面に標準装備しています。既設の汎用アンプ装置と接続している従来のレフレックス スピーカ(30W)やストレートホーン(50W)を、本製品に変えるだけで音の到達範囲を広げることができます。また、本製品を30Wまたは50Wで使用し、設置後に必要とする音響到達距離を変更したい場合でも、定格入力を120Wに差し替えれば、スピーカーユニットの増設や増設に伴う設置ポールの強度計算など再設計の手間を省くことができます※2。ラインアレイ型スピーカーなので音の直進性が高く、スピーカー設置場所の真下でも、大きな音となりにくく騒音問題の解消にも有効です。
筐体サイズは幅194mm・高さ1,325mm・奥行205mmと小型化し、既設の防災無線スピーカー用ポールへの取り付けが容易になりました。更に、SSXは波浪のような強力な噴水流にも耐える防水性能IPX6級を取得しました。使用温度範囲は-30℃~60℃に対応し、沿岸部など様々な厳しい条件下で利用可能で、RoHS※3にも準拠しました。

MSYSは、2009年にLRADと国内独占販売契約を締結して以来、警備・防衛用途などに音響到達距離3,000mのLRAD 1000Xをはじめとする指向性スピーカーを提供してきました。2012年に自治体など向けに360度全方位防災無線スピーカーLRAD 360Xを販売開始し、防災分野へ事業領域を拡大しています。SSXの販売開始を機に、防災分野におけるLRAD製品の導入を拡大し、今後3年間で15億円の売上を目指します。

※1 独自の計算方式で算出。フィールドテストに近い数値
※2 別途アンプの増設が必要な場合があります
※3 特定有害物質の使用制限を定めた欧州連合(EU)による指令

【LRADについて】
本社 :カリフォルニア州サンディエゴ
代表者:Richard Danforth
設立 :1980年
事業内容:指向性スピーカーの製造技術開発、幅広い分野におけるサウンドソリューション商品化
HP :http://www.lradx.com/

【MSYSについて】
MSYSは、最先端ITを駆使した付加価値の高いソリューションやサービスを、お客様視点で提供するソリューションプロバイダです。製造・流通・サービス・小売・金融業を中心とする様々な業界の知見と高度な提案力と、グローバルな視点からお客様の差別化に貢献する最先端技術やそれを活用した新しいソリューションの開発力が当社の強みです。ソリューションや製品、サービスを通じて、お客様の期待を超える新しい「価値」の創出でお客様のビジネスを支援します。

■LRAD紹介WEBサイト: http://www.marubeni-sys.com/lrad/index.html

<お問い合わせ先>
丸紅情報システムズ株式会社 広報部(プレス関係者窓口)
URL: http://www.marubeni-sys.com/ 
〒150-0002東京都新宿区大久保3-8-2 新宿ガーデンタワー
電話:03-4243-4040 ファックス:03-4243-4888

<製品に関するお問い合わせ>
丸紅情報システムズ株式会社
プラットフォームソリューション事業本部 先端技術営業部 公共ソリューション課
電話:03-4243-4240

*文中の製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です。
*ニュースリリース記載の情報は発表日現在の情報です。記載の情報は予告なく変更される場合があります。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

ラウンド16(4回戦)マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 ラウンド16(9月20日開催)のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 ラウンド16 マッチスケジュール   … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ