プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

大和ハウス工業株式会社

「skye+(スカイエ・プラス)サイレントスタイル」発売

2017/07/05

大和ハウス工業株式会社
代表取締役社長 大野直竹
大阪市北区梅田3‐3‐5

■遮音性能を高めた賃貸併用住宅提案を強化
「skye+(スカイエ・プラス)サイレントスタイル」発売

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:大野直竹)は、2017年7月6日(木)より、遮音性能を高めた3・4・5階建て重量鉄骨住宅新仕様「skye+(スカイエ・プラス)サイレントスタイル」を、全国(※1)で発売します。

 このたび発売する「skye+ サイレントスタイル」は、前年度比約180%増と受注棟数が伸びている「skye」(※2)に、新たに開発したオリジナル界床構造「SRスラブ55」と、標準搭載の「遮音スタッド界壁」を組み合わせ、賃貸部居住空間の遮音性能を高めた仕様です。
 今後も全国の都市部を中心に、賃貸併用住宅や医院・店舗併用住宅など、フレキシブルな提案を一層強化します。
※1. 北海道、沖縄県、積雪地、寒冷地を除く。
※2. 2015年10月に、3・4・5階建て重量鉄骨住宅商品「skye」を発売し、2017年1月には、賃貸併用や店舗・医院併用などの建設をお考えのお客さまに「skye+」として、土地活用とあわせた提案を行ってきました。

●ポイント
1.上下階の居室間に「LH‐55」「LL‐45」「D-50」の性能を有したオリジナル界床構造「SR(エスアール)スラブ55」を開発(特許出願中)
2.住戸間の壁に「D-50」の性能を有した「遮音スタッド界壁」を標準搭載(特許取得済み)

■開発背景
 国土交通省が発表した建築着工統計調査報告(平成26年度・平成28年度)によると、中層住宅(3・4・5階建て)市場の建築着工棟数は、2016年度は39,918棟と、2014年度から約12 %増加しており、特に首都圏や東海地方、近畿地方では、他地域と比較し賃貸併用住宅、店舗併用住宅を含む中層住宅の比率は高く、今後も成長が見込まれます。
 また、国土交通省が発表した「平成25年度マンション総合調査結果」によると、「生活音」は居住者間のマナーをめぐるトラブルの第2位(※3)となっており、当社においても、賃貸併用住宅に求められる遮音対策は課題となっていました。
 そこで当社は、相続税非課税枠の縮小により賃貸住宅の建設需要が堅調な中、戸建住宅の建設をお考えのお客さまに土地活用のご提案と、ご入居者からも選ばれる賃貸併用住宅を提案するべく、上下階の床や住戸間の壁の遮音性能を高めた「skye+ サイレントスタイル」の販売を開始します。
※3.1位は「違法駐車」、3位は「ペット飼育」。

■仕様特長
1.上下階の居室間に「LH‐55」「LL‐45」「D‐50」の性能を有したオリジナル界床構造「SR(エスアール)スラブ55」を開発(特許出願中)
 「skye+ サイレントスタイル」では、高密度ALC(軽量気泡コンクリート)パネル、高比重防音マット(※4)、粘弾性梁上防振材(※5)などを組み合わせた当社オリジナルの界床構造「SR(エスアール)スラブ55」を新たに開発し、上下階の床の性能を向上しました。
 子どもの飛び跳ね音などの重量床衝撃音遮断性能は、「LH-65」(※6)から「LH-55」になり、上下階の居室から聞こえる音を約1/2に低減します。(当社比)
 あわせて、食器の落下や椅子を引く音などの軽量床衝撃音遮断性能は「LL-45」(※7)(※8)、話し声などの空気音遮断性能は「D-50」(※9)を有しています。
※4. 特殊な金属を混ぜ合わせたアスファルトマット。
※5.衝撃を吸収し振動を抑える効果がある防振材。
※6.Level, Heavy-Weight(重量床衝撃音)子どもの飛び跳ね音などの重量床衝撃音に対する遮断性能。
※7.Level, Light-Weight(軽量床衝撃音)椅子を引く音や掃除機をかけるなど、軽量床衝撃音に対する遮断性能。
【※6・※7 ともに数値が低いほど、衝撃音の聞こえ方は小さくなる。数値が10下がれば、聞こえ方は約半分になる。】
※8.防音フロア仕上げ(賃貸部標準)で算出。
※9.D値とは、JISに規定される空気音の遮音等級。数値が大きいほど遮音性能が高いことを示す。

2.住戸間の壁に「D-50」の性能を有した「遮音スタッド界壁」を標準搭載(特許取得済み)
 住戸間の壁には、間隔を空けて配置した2本のスタッド(※10)と、厚みの異なる2層の石こうボードで構成した壁の中に、吸音材を充填し、音の伝わりを抑えた当社オリジナルの界壁です。
 建築基準法で求められる遮音性能に比べ、2ランク上の「D-50」の遮音性能を有し、隣の住戸から聞こえる音を約1/2に低減します。
※10.壁を構成する下地部材。

■「skye+サイレントスタイル」仕様概要
 名称:「skye+(スカイエ・プラス)サイレントスタイル」
 発売日:2017年7月6日(木)
 販売地域:全国 ※北海道、沖縄県、積雪地、寒冷地を除く
 販売価格:本体工事価格3.3㎡当たり101.1万円~(税込)
 販売目標:年間300棟 ※「skye」販売目標
 プラン:3・4・5階建て自由設計
 構造:重量鉄骨ラーメン構造
 お客様お問合せ先:大和ハウス工業株式会社 コンタクトセンター
  フリーコール:0120-590-956(平日9:00~21:00)

「skye+(スカイエ・プラス)サイレントスタイル」
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

ラウンド16(4回戦)マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 ラウンド16(9月20日開催)のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 ラウンド16 マッチスケジュール   … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ