プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ

T&G が三幸学園と業務提携 専門学校での「ウェディングプランナー教育事業」をスタート

2017/06/20

株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ

T&G が三幸学園と業務提携
専門学校での「ウェディングプランナー教育事業」をスタート
~ 実践的な授業プログラムで、現場力のある学生を育成可能に ~

 全国でウェディングプロデュースを手がける婚礼大手の株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ(本社:東京都品川区 代表取締役社長:岩瀬 賢治 以下、T&G)は、各分野における専門的な職業人の育成校を運営する学校法人 三幸学園(本社:東京都文京区 理事長:昼間 一彦)と業務提携し、専門学校へのT&G社員派遣によるウェディングプランナー教育事業を2017年4月より開始いたしました。

◆T&Gのウェディングプランナーをはじめとするスタッフが実践的な授業を提供
【画像: http://prw.kyodonews.jp/prwfile/release/M104342/201706202914/_prw_PI1im_5N2jjaH5.jpg
   三幸学園は、東京、大阪など全国11拠点で、ウェディング・ブライダルの専門学校を展開しています。今回の「ウェディングプランナー教育事業」では、現役のT&G社員を講師として授業に派遣いたします。対象は東京校・ウェディングプランナー科の1年生で、1コマ45分・32回の1年間にわたって、「来館時の対応」「お客様ケーススタディ」「結婚式場を知ろう」といった、より実践的なカリキュラムを提供します。
 カリキュラムは、T&G新卒採用のインターンシップ講座もベースになっています。受講した2018年新卒者からは「実際に働いている方の生の声が聞けて、とても濃い時間だった」「活躍されている方の話を聞くことが、自分の幅を広げるいい機会になった」といったコメントが多く寄せられました。

 こうした講座を学生の方にご提供することは、T&Gにとっても採用活動以前に学生の方と接点が持てることや、現役ウェディングプランナーにとっても、専門学校の講師という新たなキャリアパスを創出することができると考えています。

◆実践的な授業プログラムで 、現場力のある学生を育成可能に

【画像: http://prw.kyodonews.jp/prwfile/release/M104342/201706202914/_prw_PI2im_xv7Dpo61.jpg

 今回のカリキュラムは東京校での実施となり、同校のウェディングプランナー科は、ブライダルシーンで必要なプランニングやホスピタリティといったあらゆる要素を学習していく2年間のプログラムです。

 本カリキュラムを通して、より実践的な授業プログラムによる仕事への理解の深まりや、現場力のある学生の育成、就職率の向上などが期待できます。
 T&Gは、三幸学園とのウェディングプランナー教育事業を機に、今後も業界全体のプランナー育成・発展を図ってまいります。

以下、参考情報
◆三幸学園概要

【画像: http://prw.kyodonews.jp/prwfile/release/M104342/201706202914/_prw_PI3im_3834rDQ2.jpg

名 称:学校法人 三幸学園 本社
所 在 地:東京都文京区本郷3丁目23番16 号
設 立 年 月 日:1985年3月
代表者:理事長 昼間一彦
職員数:約 2,600名
生徒数:約 21,00名
学校数:64校(専門学校:60、大学:1、短大:1、通信制高校:2)
公 式 サ イ ト:http://www.sanko.ac.jp/  
主な事業内容:以下の分野における専門的な職業人の育成校を運営。
・医療・保育福祉系
・スポーツ系 ・美容
・ブライダル系
・調理・製菓
・栄養系
  
◆東京ウェディング&ブライダル専門学校 ウェディングプランナー科 概要

 挙式の演出・プランニング、メイク、料理、接客・ITの知識まで、幅広く活躍できるトータルプロデュース力を育てます。ブライダルシーンで必要となるプランニングやホスピタリティといったあらゆる要素を学習し、2年間で理想の結婚式をカタチにできるプロを育成します。
1年次(4月~9月)は、共通授業でブライダルに関するさまざまな基礎を学びます。
1年次後期~2年次は、「ハウスウェディングコース」または「ホテルウェディングコース」に分かれ、より実践的な即戦力が身につくコースを提供しています。

公式サイト:http://www.sanko.ac.jp/tokyo-bridal/course/planner/  

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

3回戦 ヴァンラーレ八戸vs名古屋グランパス 試合の取り扱いについて

 7月12日(水)、雷雨の影響により後半途中に試合中断後、試合中止となった「第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 3回戦 ヴァンラーレ八戸vs 名古屋グランパス(マッチナンバー【70】)」の試合の取り扱いについて、公益 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ