プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ダイキン工業株式会社

ストリーマ技術により実証、初夏に流行しやすい風邪の原因ウイルスを99.9%抑制

2017年6月20日

ダイキン工業株式会社

ストリーマ技術により実証
初夏に流行しやすい風邪の原因ウイルスを99.9%抑制

ダイキン工業株式会社は、代表的な夏風邪である手足口病やプール熱などの原因となるウイルスをストリーマ技術により99.9%抑制することを実証しました。
手足口病やプール熱は、梅雨時期から夏にかけて免疫の弱い幼児を中心に流行するウイルス感染症です。こうした夏風邪のウイルスは、インフルエンザウイルスなど冬に活性化するウイルスと異なり、高温多湿の時期に活発に活動し、一般的な消毒薬が効きにくいのも特徴です。
当社は2000年より独自のストリーマ技術の開発に取り組み、これまでにインフルエンザウイルスやノロウイルス、結核菌の抑制など、人々の関心が高い有害物質に対する効果の実証を重ねてきました。近年、高気密・高断熱住宅の増加などに伴い、屋内の空気環境への関心はさらに高まっています。当社は、ストリーマ技術のさらなる可能性を探索するため、今後も様々な効果検証を実施してまいります。

■実証結果
(1)試験方法
夏風邪の原因となるアデノウイルス、エンテロウイルス、エコーウイルス、コクサッキーウイルスそれぞれにストリーマを0、1、2、4、8時間照射し、培養した細胞に接種することで、ストリーマを照射した時間の違いによるウイルスの残存状態を観察しました。
(2)試験結果
ストリーマを照射せずに8時間経過したウイルスを接種した細胞は、ウイルスによって細胞が完全に破壊されているのに対し、ストリーマを8時間照射したウイルスを接種した細胞は、正常細胞のまま存在していることから、夏風邪の原因となるウイルスにストリーマを8時間照射することで、ウイルスが99.9%抑制されたことを確認しました。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

2回戦の結果(6月21日開催)

        鹿島アントラーズ 5-0 FCマルヤス岡崎   モンテディオ山形 1-0 V・ファーレン長崎   北海道コンサドーレ札幌 2-5 いわきFC & … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ