プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

松陽産業株式会社

金・チタン箔とポリイミドフィルムにメカニカルな方法で微細孔 (直径100 μm)を施した試作品を公開

2017/06/20

松陽産業株式会社

金・チタン箔とポリイミドフィルムにメカニカルな方法で微細孔を施した試作品を公開

<概要>
松陽産業株式会社(本社 大阪市、代表取締役:竹内和彦)は、金・チタン箔とポリイミドフィルムにメカニカルな方法で直径100マイクロメートルの微細孔を施した試作品を製作し、初公開いたします。
弊社「マイクロカット・フォイル(Micro-cut Foil)シリーズ」技術の新たな応用展開として、化学的な方法では加工難度の高い材料をターゲットとした品揃えをめざしたものとなります。本試作品は6月21日(水)~23日(金)の期間、 東京ビッグサイトで開催される第21回機械要素技術展の岡山県ブースにて展示いたします。
尚、同展示会では、本技術を応用した画像表現系アプリケーションのフリー・アート・パーフォレーション(Free Art Perforation(R))の試作品であるゴールデン・ゲート・ブリッジのデザインについてもご覧いただくことができます。同品はA5サイズの範囲に約39万3千個の孔を開けたもので、2017年1月に開催の「おかやまテクノロジー展(OTEX)2017」の「ミクロものづくり岡山作品コンテスト」において優秀賞を頂戴いたしました。

<詳細>
松陽産業株式会社(本社 大阪市、代表取締役:竹内和彦)は、金・チタン箔とポリイミドフィルムにメカニカルな方法で直径100マイクロメートルの微細孔を施した試作品を製作し、初公開いたします。
弊社「マイクロカット・フォイル(Micro-cut Foil)シリーズ」技術の新たな応用展開として、ケミカルエッチングなどの化学的な方法では加工難度の高い材料をターゲットとした品揃えをめざしたものとなります。
試作品で採用した金(元素記号Au)は、酸やアルカリからの化学的腐食に対して非常に強く、熱伝導、電気伝導ともに優れた性質を持つことから多くの分野で使用されています。チタン(元素記号Ti)は鉄よりも軽量で、強度もアルミニウム比で約2 倍あり、耐食性は金や白金と同等レベルで、医療や航空宇宙用途で利用されています。ポリイミドは高強度で樹脂として高い耐熱性を有しており、軽量かつ過酷な環境下に強い性質から、宇宙分野などで注目されているものです。
本試作品は6月21日(水)~23日(金)の期間、 東京ビッグサイトで開催される第21回機械要素技術展の岡山県ブース(東5ホール 小間番号・62-42)にて展示いたします。
尚、同展示会では、本微細孔加工技術を弊社の画像表現系アプリケーションであるフリー・アート・パーフォレーション(Free Art Perforation(R))に応用した、ゴールデン・ゲート・ブリッジ デザインの試作品についてもご覧いただくことができます。同品はA5サイズの範囲に約39万3千個の孔を開けたもので、2017年1月に開催の「おかやまテクノロジー展(OTEX)2017」の「ミクロものづくり岡山作品コンテスト」において優秀賞を頂戴いたしました。

<本試作品、ならびに、ニュースリリースに関するお問い合わせ先>
【本試作品に関するお問い合わせ】
松陽産業株式会社 経営戦略室 先進技術開発チーム
〒719-3813 岡山県新見市哲西町八鳥138-45 上室工業団地
お問い合わせフォーム:https://www.shoyo-sangyo.co.jp/contact
・お手数ですが、お問い合わせフォームに基づき、弊社よりコンタクトさせていただきます。
【本リリースに対するお問い合わせ】
松陽産業株式会社 経営戦略室
〒541-0053 大阪市中央区本町二丁目1番6号 堺筋本町センタービル16階
お問い合わせフォーム: https://www.shoyo-sangyo.co.jp/contact

<参考情報>
・松陽産業株式会社 (https://www.shoyo-sangyo.co.jp/
1967年創立。パンチングメタル業界での日本最大手で第49期(2015年8月~2016年7月)の売上は4,253百万円。大阪本社・関西営業所(大阪市中央区)、関東営業所(千葉県船橋市)、岡山工場(岡山県新見市)、群馬工場(群馬県太田市)の合計4拠点。パンチングメタルを用いた産業用の遮音・吸音パネル、交通機関用(自動車向け含む)部材や部品、各種フィルターや意匠性の高い建築用のパネル・エンボス材などを製造販売。国内の国際空港や、大型ドーム、大型駅構造(屋根部)にもデザインや吸音特性を有する商品が採用されている。2012年6月にオープンし開設5年を迎えた業界初の本格的ウェブショップ(合計427種類の品揃え)を有している。(https://punching-shop.com/

・マイクロカット・フォイル(Micro-cut Foil)
独自に開発したメカニカルな方法を用いてアルミや銅、金などの金属箔に微細孔を開けたもの。表面の性状や印刷した内容を維持したままで直径100 μmの丸孔(まるあな)や500 μm~1 mmの幅を持つ各種の形の孔(例:トランプ柄)を有した箔を得ることができる。また、化学的溶解や熱による蒸発、針による穿孔などの開孔法ではないため、開いた孔とほぼ同じ大きさの微細な平面状パウダーも得られる。

・フリー・アート・パーフォレーション(Free Art Perforation(R))
写真やさまざまな図柄をパンチングメタルの孔を使って自由に表現した商品群。主として丸孔を用い、その配置と孔の大きさで濃淡のグラデーションを表現する。メートルサイズのパネルを多数組み合わせてひとつのデザインを壁面などに表現する大型から、A3前後のサイズまでが対象範囲。屋外建築物の外装デザイン、エクステリア、手すりの目かくし板、照明用蓋、パーテーション、内装用装飾など幅広いアプリケーションがある。アルミニウムでの製作が主軸となり、アルマイト仕上げとして各種の色とすることもできる。
https://www.shoyo-sangyo.co.jp/products/free_art_perforation/free_art_perforation

・パンチングメタル
パンチングメタルとは、金属を主体とした素材をプレス金型で孔をあけて加工したもので、鉄やステンレス、アルミなど幅広い素材に開孔することが可能。金属の持つ特徴はそのままで、軽量化、濾過機能・通風効果、遮光/採光効果、吸音・消音・音の拡散効果が得られる。(https://www.shoyo-sangyo.co.jp/guide_punching_metal

・孔と穴
一般的に“あな”を意味する場合、「穴」と「孔」が漢字として用いられています。各種辞書などによると、穴はくぼんだあな(底のあるあな)、孔は突き抜けたあなという原義の解説があるため、弊社では基本的に「孔」を用いています。

図4. ゴールデン・ゲート・ブリッジデザイン試作品(アルミ、孔径100 μm、厚さ12 μm、孔数 約39万3千個)
図3. ポリイミド箔に対して丸孔で開孔した試作品 (直径100 μm、厚さ 12.5 μm)
図2. チタン箔に対して丸孔で開孔した試作品(直径100 μm、厚さ 5 μm)
図1. 金箔に対して丸孔で開孔した試作品(直径100 μm、厚さ 10 μm)
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

ラウンド16(4回戦)マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 ラウンド16(9月20日開催)のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 ラウンド16 マッチスケジュール   … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ