プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ポルシェジャパン株式会社

ポルシェ911 RSRが首位をキープ

ポルシェ911 RSRが首位をキープ

GT中間レポート3 世界耐久選手権(WEC)、3戦目、ル・マン24時間(フランス)

ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:オリバー・ブルーメ)の911 RSRはル・マン24時間において、効率的なピット戦略と迅速な作業およびミスを最小限抑えたスティントにより、夜を通して好成績を収めている。早朝にはリヒャルト・リーツ(オーストリア)の駆るカーナンバー91がトップに躍り出ました。フランス出身のフレデリック・マコヴィッキィとパトリック・ピレと協力して戦っています。最高出力510PSを誇るヴァイザッハのポルシェ モータスポーツ製レーシングカー、ニュー911 RSRは3番手を走行し、上位チームに迫っています。一方カーナンバー92の911 RSRは不幸にも、179周目でミカエル・クリステンセン(デンマーク)がフォード・シケインの縁石でコントロールを失ってしまい、リアにダメージを受けました。ダメージが非常に大きく、クリステンセンとチームメイトのケヴィン・エストル(フランス)、ディルク・ヴェルナー(ドイツ)はリタイアをすることになりました。

GTE-Amクラスでは「デンプシー・プロトンレーシング」チームのポルシェ・ヤングプロフェッショナル、マッテオ・カイローリ(イタリア)が6番手を走行しています。このクラスでは2015年式911 RSRがエントリーしています。

これまでのレースについてのコメント
ポルシェ・モータースポーツ責任者のフランク=シュテッフェン・バリサー博士:「これまで18時間レースが進んでいますが、GTEクラスはとてもスリリングな展開になっています。走行中のレースカーのギャップは少なく、結果は全く想像がつきません。残念なことにカーナンバー92のレースカーがリタイアしましたが、カーナンバー91の911 RSRは現在3番手を走行しています。我々が経験した中でも、一番過酷なル・マンのGTEクラスレースも、残り6時間となりました」

カーナンバー91 911 RSRのドライバーによるコメント
リヒャルト・リーツ:「レースカーは非常に好調です。バランスが完璧で、唯一の弱点はストレートでライバルに比べて少し遅いことです。追いあげるためにはリスキーな戦略も必要です。レースはまだ長く、何が起こるかわかりません。引き続き全力で戦います」
パトリック・ピレ:「まだ道のりは長いです。セーフティーカーの影響を受け、夜間大きなタイムロスがあり、その時間を取り戻す必要がありました。レースカーは好調で、一度小さなトラブルがありましたがすぐに修理できました。この調子で頑張って、結果を待ちます」
フレデリック・マコヴィッキィ:「ライバルはすごく強敵ですが、徐々に首位との差を詰めています。このままミスなしで走行すれば、奇跡が起こるかもしれません」

カーナンバー92 911 RSRのドライバーによるコメント
ミカエル・クリステンセン:「フォード・シケインで少し攻めすぎました。レースカーは好調で、良い戦いができていたので、リタイアは非常に残念でした。頑張ってくれたチームメイトに申し訳ないです」
ケヴィン・エストル:「残念ながら、ミカエルがフォード・シケインでコントロールを失い、リアにダメージを負ってしまいました。ピットに戻れず、リタイアという結果になってしまいました。それがレースの厳しさであり、中でもル・マンは世界で一番難しいレースです。現在はカーナンバー91のポルシェ911 RSRを応援しています」
ディルク・ヴェルナー:「ペースを上げてリードが出来ていたので、リタイアは非常に残念でした。ル・マンという偉大なレースでこのような結果になったことは非常に悔しいです。この結果を受け入れることもレースドライバーとしての仕事のひとつです。来年はさらに強くなって戻ってきたいと思います」

カスタマーレーシングチームドライバー
マッテオ・カイローリ(カーナンバー77 911 RSR、デンプシー・プロトン レーシング)
「ル・マンでポルシェの一員としてレースに参加できることは非常に貴重な体験です。夜間ライバルに追いつくことができましたが、非常に強敵です。表彰台に立つチャンスはまだまだあり、このチャンスを逃さないように頑張ります」
パトリック・ロング(カーナンバー93 911 RSR、プロトン・コンペティション)
「前の車に追いつくスピードが足りないので、スティントをパーファクトにまとめることを目標にしています。チームメンバー全員が頑張ってくれているので、結果が楽しみです」

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

2回戦の結果(6月21日開催)

        鹿島アントラーズ 5-0 FCマルヤス岡崎   モンテディオ山形 1-0 V・ファーレン長崎   北海道コンサドーレ札幌 2-5 いわきFC & … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ