プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ポルシェジャパン株式会社

決勝へ向けた準備で順調な改善

決勝へ向けた準備で順調な改善

ル・マン24時間レースLM P1 - 水曜日の最初の予選

ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:オリバー・ブルーメ)のLMPチームは、水曜日の夜遅くに行われたル・マン24時間レースの最初の予選を3位と5位で終えました。チームは、6月4日のテストデーに比べてラップタイムについて大きな進歩を遂げています。約900PSのパワフルなポルシェ919ハイブリッドを駆るドライバーたちは、深夜におよぶ予選で力強い走りを見せました。30°Cの気温にもかかわらず、同じ日の早い時間に行われたフリー走行でも好調でした。

ル・マン・プロトタイプ2号車のステアリングを握るのは、アール・バンバー(ニュージーランド)/ティモ・ベルンハルト(ドイツ)/ブレンドン・ハートレー(ニュージーランド)組です。ベルンハルトは3分19秒170のタイムで3位に入りました。1号車はニール・ジャニ(スイス)/アンドレ・ロッテラー(ドイツ)/ニック・タンディ(イギリス)組がシェアします。3人の中で最速だった昨年覇者のジャニは、トラフィックに見舞われたにもかかわらず13.629キロメートルのコースを3分21秒165のラップタイムで走り5位に入りました。ジャニが2年前に打ち立てた3分16秒877の予選記録は現在まで破られていません。セッションが20分短縮されたにもかかわらず、6人のポルシェLMPワークスドライバーは全員、規定の5周を完走しました。ポルシェは、世界で最も過酷な耐久レースにタイトル防衛者として出場します。

午後4時から午後8時まで行われたフリープラクティスでは、ニール・ジャニが1号車で3分20秒362の総合最速ラップタイムをマークしました。2号車はアール・バンバーがチーム最速の3分21秒687で3位に入りました。

15日の木曜日は、午後7時から午後9時まで2回目の予選、午後10時から深夜0時まで最終予選が予定されています。天気予報は安定した条件を示しており、そのために最後までエキサイティングなセッションが予想されます。

チーム監督のアンドレアス・ザイドル:「最初に、ポルシェ919ハイブリッドをさらに改善するためにテストデー以来、懸命に頑張ってくれたチームの皆に感謝します。今日は暑さの中、見事な活躍をしてくれたおかげでレースウィークに好スタートを切ることができました。水曜日のプログラムを問題なく完了し、レースのセットアップについて多くのことを学びました。2台の車は高い外気温にもかかわらず素晴しい走りを見せています。セッションの始めに両方の車で初めてフルタンクに近い状態でのアタックラップを試みました。特にニールについてはクリアラップではなかったので、その後はレースの準備を継続しました」

ポルシェ919ハイブリッド1号車のドライバー
ニール・ジャニ(33歳、スイス):「セッションの開始時にアタックを試みましたが、トラフィックに巻き込まれたおかげでタイムに大きな影響が出ました。しかし車は好調で、トヨタとの差を縮めることができました」

アンドレ・ロッテラー(35歳、ドイツ):「車のバランスが今一歩なので対処するつもりです。グリッドポジションについては、今日はニールがトラフィックに遭遇する不運こそありましたが、明日はグリッドポジションを取り戻せると思います」

ニック・タンディ(32歳、イギリス):「ナイトセッションは、サーキットの周りを浮遊する大量の刈り草とホコリが印象的でした。ル・マンで初めての経験です。3名のドライバー全員ともテストデーから前進していますが、まだやるべきことはあります」

ポルシェ919ハイブリッド2号車のドライバー
アール・バンバー(26歳、ニュージーランド):「ナイトセッションの規定の周回を完了して、車はかなりバランスが取れていると感じました。テストデーから間違いなく前進しています。全員が頑張ってあと10分の1秒を削る必要があります」

ティモ・ベルンハルト(36歳、ドイツ):「セッション開始直後から良いラップタイムを試みて、かなり近づくことができました。しかし、サーキットに60台の車はかなり厳しい状況です。重要なことはペースを守ることです。気温の面ではコースは良好な状態ですが、おそらくさらにクリーンになって高速になると思います」

ブレンドン・ハートレー(27歳、ニュージーランド):「車にはとても満足しています。チームはテストデー以来素晴らしい仕事をしてきました。ティモはアタックラップ時のトラフィックが少し残念でしたが、この調子でいけば本戦は大丈夫です」

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

ラウンド16(4回戦)マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 ラウンド16(9月20日開催)のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 ラウンド16 マッチスケジュール   … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ