プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ポルシェジャパン株式会社

24時間レースで初めての対決

24時間レースで初めての対決

GTクラス予選1回目 – FIA世界耐久選手権(WEC)第3戦、
ル・マン24時間レース/フランス

ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:オリバー・ブルーメ)のポルシェGTチームにとって、第85回ル・マン24時間レースの水曜日の予選セッションにおける最大の焦点は、決勝レースへの準備を整えることでした。25°Cを越える気温で行われた1時間40分のナイトセッションでは、最速のポルシェ911 RSR(#92)がGTE-Pro クラスで6番目のタイムを記録しました。ミカエル・クリステンセン(デンマーク)、ケヴィン・エストル(フランス)、およびディルク・ヴェルナー(ドイツ)らは、スポーツカーのアイコンとして知られるポルシェ911の第7世代をベースにした最高出力510PSを発生するレーシングカーのコックピットを共有します。このマシンは、フランスの伝統ある長距離レースに初めて挑みます。ポルシェGTチームが走らせる2台目の911 RSR(#91)は、リヒャルト・リーツ(オーストリア)/フレデリック・マコヴィッキ(フランス)/パトリック・ピレ(フランス)組をドライバーとして、24時間レースの13.629kmのサーキットにおける1回目の予選で8番目に速いタイムを記録しました。GTE-Am クラスで最も速いポルシェ911 RSRは、2位に入ったカスタマーチームのデンプシー・プロトン・レーシングのマシンです。そのドライバーの1人が、ポルシェ ヤングプロフェッショナルのマッテオ・カイローリ(イタリア)です。

木曜日の19時~21時と22時~24時に2回目の予選セッションが組まれています。決勝レースは土曜日の15時(現地時間)にスタートします。

予選1回目についてのコメント
モータースポーツおよびGTカー担当副社長のフランク=シュテッフェン・バリサー博士:「今日は初めての体験にすぎません。明日の夜、コースのグリップがもっと良くなれば、さらに速いラップタイムが期待できます。開始早々からレベルが非常に高かったので、私達はもっと頑張らなくてはならないでしょう。しかし、私達は自信を持っています。GTE-Amクラスの状況は、もう少し良さそうです。最速のポルシェが2番手に入ったのは、順調な滑り出しでした」
リヒャルト・リーツ(911 RSR #91):「1周目は良かったのですが、その後に激しい混雑とスローゾーンに遭遇したため、より速いタイムを刻むチャンスがありませんでした。それでもまだ明日があります。マシンのセットアップは最初から良好でしたが、まだ改良の余地はあります」
フレデリック・マコヴィッキ(911 RSR #91):「今日は、条件が目まぐるしく変わりました。午後のフリー走行の間、サーキットは信じられないほど暑く、夜の予選の間に大幅に冷えました。このため、タイヤに関して重要な情報を得ることができ、このデータに基づいて車両に変更を加えるつもりです。それ以外にも、ライバル達がどのくらいの性能なのかが初めてわかりました。全体的に、私達はとても満足しています」
パトリック・ピレ(911 RSR #91):「ライバル達との初めての比較でした。最初にしてはそれほど悪くありませんでしたが、まだマシンについてやるべきことが残っています。明日に実施してみたいアイデアがいくつかあるので、それに集中するつもりです」
ミカエル・クリステンセン(911 RSR #92):「コースがあまり混雑していない状態で走れるように全力を尽くしましたが、私のスティントでは実現しませんでした。予選全体では、クリアな状態でどうにか1周だけ走ることができました。明日はもっと良くなるといいのですが」
ケヴィン・エストル(911 RSR #92):「フリー走行の間、コースはとても汚れていましたが、何にもまして極めて暑かったです。新しい911 RSRをこれほどの高温の中で運転した記憶がありません。私達は、予選に先立って様々な変更を加え、適正なタイヤコンパウンドを見つけようと努めていました。私は、マシンの最適なセットアップを見つけられるだろうと楽観しています。何より木曜日にまだ時間がありますからね」
ディルク・ヴェルナー(911 RSR #92):「ミカエルが速いタイムを出した後、決勝用のセットアップを最適化するために、私のスティントの間に様々なセットアップを試しました。私はまず、ここル・マンでの夜間走行に慣れなくてはなりませんでしたが、マシンは完璧に走り、いかなる機械的な問題も起きませんでした。まだ少しスピードが足りませんが、まだ十分な時間があります」
パトリック・ロング(911 RSR #93):「911 RSRのバランスは良好でした。残念ながら、私達は最初の数ラップにおいて1人のドライバーに先を塞がれてしまいました。彼は明らかに、夜のル・マンのコースを走るのが初めてのようでした。その後は自由に走るのは事実上不可能でした。明日は、改善のための機会がまだ2回あります」
マッテオ・カイローリ(911 RSR #77):「ル・マンを夜に走るのは爽快な気分です。私は、予選で真っ先に飛び出しましたが、その後で前方の遅い車に前を塞がれてしまいました。私達の911 RSRはとても順調に走り、チームは完璧な仕事をしました。明日の2回の予選セッションでは、速く周回する機会がまだたくさんあるでしょう」

予選1回目の結果
GTE-Proクラス
1. ティーム/ソーレンセン/スタナウェイ(デンマーク/デンマーク/ニュージーランド)、アストンマーチン、3分52.11秒
2. リゴン/バード/モリーナ(イタリア/英国/スペイン)、フェラーリ488 GTE、+ 0.118秒
3. カラド/ピエール・グイディ/ディ・グラッシ(イタリア/イタリア/ブラジル)、フェラーリ488 GTE、+ 1.006
4. ターナー/アダム/セラ(英国/英国/ブラジル)、アストンマーチン、+ 1.179
5. プリオール/ティンクネル/デラーニ(英国/英国/ブラジル)、フォードGT、+ 2.061
6. クリステンセン/エストル/ヴェルナー(デンマーク/フランス/ドイツ)、ポルシェ911 RSR、+ 2.248
7. バイランダー/フィジケラ/カッファー(フィンランド/イタリア/ドイツ)、フェラーリ480 GTE、+ 2.507
8. リーツ/マコヴィッキ/ピレ(オーストリア/フランス/フランス)、ポルシェ911 RSR、+ 2.770
9. ギャビン/ミルナー/ファスラー(英国/米国/スイス)、シボレー・コルベット、+ 2.829
10. マグヌッセン/ガルシア/テイラー(デンマーク/スペイン/米国)、シボレー・コルベット、+ 2.829

GTE-Amクラス
1. ダラ・ラナ/ラミー/ラウダ(カナダ/ポルトガル/オーストリア)、アストンマーチン、3分55.134秒
2. リード/カイローリ/ディエンスト(ドイツ/イタリア/ドイツ)、ポルシェ911 RSR、+ 0.558秒
3. ヨロック/ハンキー/ベル(トルコ/アイルランド/英国)、アストンマーチン、+ 0.819
7. バッハラー/レメレ/アル・クバイシ(オーストリア/ベルギー/UAE)、ポルシェ911 RSR、+ 1.373
12. ロング/アル・ファイサル/ヘドルンド(米国/サウジアラビア/米国)、ポルシェ911 RSR、+ 3.062
14. ウェインライト/バーカー/フォスター(英国/英国/英国)、ポルシェ911 RSR、+ 3.293

<本件に関する読者からのお問い合わせ先>
ポルシェ カスタマーケアセンター 0120-846-911
ポルシェ ホームページ http://www.porsche.com/japan/

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 マッチスケジュール  試合日:12月23日(土・祝) … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ