プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

GRANDIT株式会社

GRANDIT AWARD 2016を発表

2017/5/19

GRANDIT株式会社

“GRANDIT AWARD 2016”を発表
~完全Web-ERP「GRANDIT」を支えるパートナー企業を表彰し、
お客様へのより一層の貢献を目指す~

 GRANDIT株式会社(本社 東京都渋谷区 代表取締役社長 石川 研一、以下GRANDIT社)は、5月18日に開催した「GRANDITコンソーシアム パートナー会」に於いて、GRANDIT事業の発展に大きく貢献したパートナー企業を表彰する「GRANDIT AWARD 2016」を発表いたしました。

 GRANDIT社は、毎年「GRANDIT AWARD」として、GRANDIT事業に最も貢献したプライムパートナー注1やビジネスパートナー注2を選定、表彰しており、2016年度に最も貢献したプライムパートナーに授与される“Prime Partner of the year”には、株式会社システムインテグレータが、最も貢献したビジネスパートナーに授与される“Business Partner of the year”には、株式会社インフォセンスが輝きました。
 また、“Solution of the Year”として、AJS株式会社、ベニックソリューション株式会社の2社が、“Consortium Contribution of the Year”として、株式会社システムインテグレータが表彰されました。

 加えて、「GRANDITコンソーシアム パートナー会」では、GRANDIT社 代表取締役社長 石川 研一が「GRANDIT 2017年度へ向けた展望」を発表。今後も「GRANDIT」を通じてお客様の多彩なニーズに応えていくため、参加者一同が決意を新たに協力していくことを確認しました。

各AWARDの受賞パートナーについては以下の通りです。
■Prime Partner of the Year
GRANDIT事業に最も大きく貢献したプライムパートナー
・株式会社システムインテグレータ
■Business Partner of the Year
GRANDIT事業に最も大きく貢献したビジネスパートナー
・株式会社インフォセンス
■Solution of the Year
アドオンモジュールやテンプレート注3、サービスの提供や認知によりGRANDIT事業に大きく貢献したパートナー
・対象:大規模データ顧客向け パフォーマンス対応モデルの構築 / AJS株式会社
・対象:e-文書法のスキャナ保存規制緩和に伴う電子保存ソリューションの提供 / ベニックソリューション株式会社
■Consortium Contribution of the Year
GRANDITコンソーシアム活動全般に大きく貢献したパートナー
・対象:技術者育成カリキュラム作成とパートナー向け合同勉強会開催 / 株式会社システムインテグレータ
                                        以上

■完全Web-ERP「GRANDIT」について
「GRANDIT」は、コンソーシアム方式により業界を代表するSI企業のノウハウを集大成したWeb-ERPで、経理、債権、債務、販売、調達・在庫、製造、人事、給与、資産管理、経費の計10モジュールにより構成されています。BI(ビジネスインテリジェンス)注4、EC、ワークフロー等を標準搭載し、多言語、多通貨、マルチカンパニー機能などにより、海外拠点での利用も容易となり、海外グループ拠点を含めた情報のリアルタイム連携を実現することで、企業のグループ展開を支援します。

■GRANDITコンソーシアムについて
GRANDITコンソーシアムは、顧客視点に立ち、日本企業に最も適し、最新技術基盤を採用したERPパッケージソフトを開発するために2003年10月に設立されました。製品完成後も製品とサービスの絶え間ない成長をめざし、定期的な活動を続けております。
プライムパートナーは、インフォコム、AJS、NECネクサソリューションズ、NTTコムウェア、オージス総研、システムインテグレータ、シナプスイノベーション、双日システムズ、DACS、東洋紡システムクリエート、日鉄日立システムエンジニアリング、パナソニック インフォメーションシステムズ、ベニックソリューション、ミロク情報サービス(以上50音順)の14社で構成され、ビジネスパートナーを加えて56社(2017年4月現在)となっております。
プライムパートナー一覧:https://www.grandit.jp/partner/prime.html
ビジネスパートナー一覧:https://www.grandit.jp/partner/business.html

■GRANDIT株式会社について
GRANDIT社は、GRANDITコンソーシアムの運営を行い、コンソーシアム各社に蓄積されたノウハウやお客様の声を「GRANDIT」の製品開発に反映しています。また、「GRANDIT」のパッケージ著作権、パッケージ産業財産権を持ち、プロダクト維持管理、保守及び導入支援を行っております。
<会社概要>
・商号 GRANDIT株式会社
・住所 東京都渋谷区神宮前2-34-17 住友不動産原宿ビル
・URL https://www.grandit.jp/

■注釈について
注1 プライムパートナー
 GRANDITコンソーシアムメンバー企業。
注2 ビジネスパートナー
 コンソーシアムメンバーと協力して「GRANDIT」の販売とインテグレーションを担当するパートナーのこと。
注3 アドオンモジュール・テンプレート
 アドオンモジュール:「GRANDIT」本体の機能を補完する独立したモジュール。
テンプレート:「GRANDIT」のパラメータや業務ロジックを特定業種向けに予め設定したもの。
注4 BI
 Business Intelligence(ビジネスインテリジェンス)の略。
 企業の蓄積されたデータを活用し、経営に寄与する意思決定の支援を行う、データの収集・分類・分析・アクセス方法などを提供するソフトウェアのこと。

【本ニュースリリースに関する報道関係各位からのお問い合わせ先】
■GRANDIT株式会社
事業推進ユニット
TEL: 03-6866-3910  FAX: 03-6866-3920
E-mail:grandit@grandit.jp

※「GRANDIT」は、GRANDIT株式会社の登録商標です。
※その他、記載している会社名・商品名は各社の商標または登録商標です。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

ラウンド16(4回戦)の結果(9月20日開催)

松本山雅FC 0-2 ヴィッセル神戸 浦和レッズ 2-4 鹿島アントラーズ セレッソ大阪 1-0 名古屋グランパス 筑波大学 0-2 大宮アルディージャ 横浜F・マリノス 3-2 サンフレッチェ広島 AC長野パルセイロ … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ