プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

日本グリーンパックス株式会社

ナチュラムーンから、純国産コットンサニタリーグッズ新登場

2017年1月30日

日本グリーンパックス株式会社

生地から縫製まですべて国産
ナチュラムーンからコットンサニタリーグッズ新登場
2017年2月15日(水)発売

 環境指向商品や雑貨類の開発・輸入・販売事業を展開する日本グリーンパックス株式会社(本社:京都府長岡京市、代表取締役:山中利一)は、商品企画チームの女性社員が、女性の目線で企画・開発したオリジナルの女性用衛生用品「ナチュラムーン」シリーズの新商品2種を2017年2月15日(水)に発売します。
 新商品は、いずれも国産のコットン生地を使用し、縫製・仕上げも全て国内で行う純国産にこだわった、サニタリー(生理用)ナプキンを装着して着用することに特化した機能を持つサニタリーショーツと、洗って繰り返し使用する布製のサニタリーナプキンです。

【 「ナチュラムーン」のブランドサイトはこちら: http://naturamoon.jp/

□NaturaMoon(ナチュラムーン)オーガニックコットン・サニタリーショーツ(昼用)
・希望小売価格
 2,750円(税抜き)
・サイズ展開
 M~L:縦270mm×横230mm×厚さ1mm、L~LL:縦285mm×横250mm×厚さ1mm
 ※いずれも平置きで採寸
・カラー展開
 ネイビー / イエロー(サイズM~L・サイズL~LL共通)
・素材
 綿(オーガニックコットン)95%、ポリウレタン5%
 ※日本製のコットン製ストレッチ素材を使用
・生産国
 日本
・取扱店
 全国有名バラエティショップ、オーガニックショップ、美容・健康商品専門店、高級スーパー、ウェブショップなど

※オーガニックコットンとは…
一般的に、2~3年以上の化学薬品や化学肥料を使わない生産実践を経て、認証機関に認められた畑で栽培された綿花が、オーガニックコットンと呼ばれます。

□NaturaMoon(ナチュラムーン)布ナプキン昼用(普通の日用)
・希望小売価格
 1,550円(税抜き)
・サイズ
 縦250mm×横100mm(羽除く)×厚さ5mm
□NaturaMoon(ナチュラムーン)布ナプキン夜用(スーパーロング)
・希望小売価格
 1,850円(税抜き)
・サイズ
 縦395mm×横115mm(羽除く)×厚さ5mm 
・カラー展開
 ネイビー / スモークピンク(昼用・夜用共通)
・素材
 肌面・吸収体・裏地:綿100%生地、ナプキン内部の防水面:防水生地
 ※全て日本製の生地を使用
・生産国
 日本
・取扱店
 全国有名バラエティショップ、オーガニックショップ、美容・健康商品専門店、高級スーパー、ウェブショップなど

■「ナチュラムーン」とは

 「ナチュラムーン」は、商品企画チームの女性社員が女性の目線で企画・開発した、サニタリーナプキンなどの女性用衛生用品のシリーズです。

 2012年10月に発売された「ナチュラムーン」のサニタリーナプキンは、トップシートと呼ばれる肌に当たる部分に天然コットン100%の不織布を使い、経血の吸収材には木材由来の綿状パルプという素材を使っています。日本国内で医薬部外品として認められているサニタリーナプキンの中で、コットン100%のトップシートと高分子吸収材(※1)不使用を両立した、日本で初めての商品です。(※2)

 体の冷えや敏感肌で悩んでいる女性、また環境に優しい生活スタイルを志向する女性の中には、生理のときに洗って繰り返し使用する布製のサニタリーナプキンを選ぶ方がいます。
 一般的に「布ナプキン」と呼ばれるこうした商品は、肌に当たる部分がコットンなどの布でできており、体の冷えが気になりにくくなる、肌の蒸れやかぶれなどのトラブルが起きにくくなる、といった女性には嬉しい効果を感じるという声が上がっています。
 一方で、布ナプキンは使い捨てではないため、外出先など使用後すぐに洗濯ができない状況では交換後に持ち歩く必要があり、愛用者の中にもこの点を不便に感じたり、衛生面に不安を感じたりする方がいるようです。さらに家族やパートナーと同居している場合は洗濯に気を使うという声や、忙しかったり体調が悪かったりする際には洗濯そのものが精神的に負担になってしまう、といった声も聞かれます。またこのような理由から、布ナプキンに興味があっても、なかなか使用に踏み切れない、という女性が一定数いるようです。

 「ナチュラムーン」は、布ナプキンに非常に近い暖かく通気性の良い使用感と、使い捨てできるという利便性を両立しており、布ナプキンと使い捨てナプキンを併用したいという方や、布ナプキンに興味があるが使用方法に不安があって躊躇しているという方に、ご愛用いただいています。
 今回の新商品は、そんな女性が女性のために企画・開発する「ナチュラムーン」シリーズならではのこだわりが詰まった、コットン製のサニタリーショーツと、布ナプキンです。

■サニタリーショーツおよび布ナプキンの開発背景

 一般的なサニタリーナプキンは、浸透圧によって短時間で水分を吸収し、ジェル状に変化して保持することができる高分子吸収材を使用して経血を吸収しています。この物質は、自重の数百倍~数千倍の量の水分を吸収・保持することができるため、吸水面がコンパクトでも、経血を長時間留めておけるように作られています。
 一方「ナチュラムーン」のサニタリーナプキンは、木材の繊維をわたのような状態に加工した綿状パルプを使用しています。吸水のしくみは毛細管現象(繊維と繊維の細い空間を、重力や上下左右の空間的条件に関係なく液体が浸透していく現象)に基づいているため、十分な吸水および水分保持を実現するためには、物理的に吸水面を大きめにする必要があります。そのため、高分子吸収材を使用しているサニタリーナプキンと比較して、シートの幅が広いという特徴があります。

 当社はこれまで、「ナチュラムーンのサニタリーナプキンは、手持ちのショーツやサニタリーショーツには装着しにくい」というご意見を、愛用者様からいただいていました。そこで、ナチュラムーンのサニタリーナプキンにぴったり合うショーツを開発することにしました。

 また、ナチュラムーンのサニタリーナプキンを布ナプキンと併用していらっしゃる方や、最終的には布ナプキンを使いたいけれど今はナチュラムーンを使っていらっしゃる方に向けて、ナチュラムーンと同じくらいこだわって作った布ナプキンをご案内したい、という思いから、ナチュラムーンブランドのオリジナル布ナプキンを開発しました。

 有りそうで無かった「使い捨てナプキンと布ナプキンの“いいとこどり”」なサニタリーナプキンを日本で初めて開発し、多くの悩める女性に支持されてきたナチュラムーンは、今後は女性の健康で快適な毎日の生活をトータルでサポートするブランドに進化していきます。

■国産へのこだわり

 「オーガニックコットン・サニタリーショーツ(昼用)」と「布ナプキン昼用(普通の日用) / 夜用(スーパーロング)」の最大のこだわりは、生地から縫製まで、国産であることです。

 日本国内において、繊維製品の輸入浸透率(輸入量/国内需要量で定義される指標で、日本国民が購入した製品のうち外国産の商品の比率)は、2014年には97%にまでのぼっています。(※3) 日本国内の繊維産業は、1991年に出荷額のピークを迎えましたが、現在はピーク時の3分の1以下まで減少しています。またそれに伴い、繊維産業の事業所数および従業員数も減少しています。1985年に66,174か所あった事業所数は2010年には15,902か所に、従業員数は1985年には115万人ほどいましたが、2010年には30万人ほどにまで減少しています。(※4)

 価格競争や後継者不足によって、日本国内の繊維産業は縮小傾向にある中で、国内で製造された生地を使用し、縫製などの加工から仕上げまで全て国内で行うこと簡単ではありません。しかし、女性のデリケートゾーンに使用するもの、加えてホルモンバランスの影響で肌が敏感になりやすい生理期間中に使用するものであることを考え、トレーサビリティー(追跡可能性)が確保できる国産生地と国内製造にこだわりました。

■オーガニックコットン・サニタリーショーツ(昼用)の特徴

(1)肌当たりの優しいストレッチ素材のオーガニックコットンを使用
 伸縮性に優れた素材で、適度なフィット感のある履き心地です。
(2)生理中のお腹を冷やさない深めの穿き込み
 ナプキンをつけて穿いたときに丈が短くならないよう、全体的に深穿きになるよう設計されています。
(3)ゆとりのあるサイズ設計でむくみやすい月経期間に身体を締め付けない
 しっかりフィットするのにきつい締め付け感がない設計です。また、通常の使い捨てナプキンよりもシート幅が広いナチュラムーンのナプキンに合わせ、クロッチ幅を少し広くしました。
(4)肌への負担を減らすように考えられた縫製技術を採用
 肌への負担が気になるウエストや足口のゴムは、直接肌にあたらないよう生地に包んでいるため、ゴムで肌がかぶれてしまう敏感肌の方でも安心して着用していただけます。
(5)羽付きナプキンにも対応できる二重構造のクロッチ(防水布使用)
 クロッチ(股布)部分には防水布を使用し、羽つきナプキンにも対応できる二重構造にしました。なお、クロッチ部分の縫い目は、厚みが出ないようフラットな縫い方をしています。また、羽部分の接着テープが剥がしやすいよう、防水布の裏にはチュールネットを当てています。
(6)ナチュラムーンをはじめとした使い捨て紙ナプキンだけでなく、布ナプキンにも合わせて着用可能

※なお、「オーガニックコットン・サニタリーショーツ(夜用)」は現在開発中です。

■布ナプキン昼用(普通の日用) / 布ナプキン夜用(スーパーロング)の特徴

(1)はじめの一枚として買いやすい、安心素材とシンプルデザイン
 肌に当たる面に使用するコットンフランネルは、無漂白・無染色の国産生地です。薬品加工による繊維へのダメージが無いため、大変やわらかくふんわりした肌ざわりです。デザインは、吸収体や防水シートを内蔵した『一体型タイプ』です。見た目も使い方も、使い捨てナプキンに近いため、布ナプキンを初めて使う方にもおすすめです。
(2)大人の女性でも使いやすい
 裏地(ショーツ側)には、縦糸と横糸の色が違うシャンブレー生地を使用しています。上質感があり、大人っぽい雰囲気が出るため、大人の女性でも使いやすいシックなデザインになっています。
(3)内部全面に防水布を敷いているため貫通漏れしない
 吸収体が保持できる以上の経血が出た場合でも、布ナプキンから下着に経血が染みだしてしまうことが無いよう、防水布を全面に敷いてあります。
(4)吸収体をしっかりと縫い付けているため繰り返しの洗濯でもヨレない
 長期間、衛生的にご愛用いただくために、繰り返しのお洗濯にも耐えられるよう吸収体はしっかりと内側の生地に縫い付けています。
(5)経血の横漏れ・後漏れをせき止めるステッチ縫いを採用
 肌についた経血が生地を伝って漏れてしまうことを防ぐため、トップシートに経血をせき止めるステッチ縫いを施しています。
(6)夜用は多い日も安心して使える40センチの超ロングサイズ 

■「ナチュラムーン」シリーズのその他のラインナップ

使い捨てサニタリーナプキン
・普通の日用 羽なし、7.5cm×21cm、24個入り
・多い日の日の昼用 羽なし、8.5cm×23.5cm、18個入り
・多い日の日の昼用 羽つき、8.5cm×23.5cm、16個入り
・多い日の日の夜用 羽なし、9.5cm×29cm、12個入り
・多い日の日の夜用 羽つき、9.5cm × 29cm、10個入り
 いずれも、希望小売価格474円(税込)

おりもの用シート
・おりもの専用シート 6cm×15.5cm、40個入り
 希望小売価格600円(税別)

 ※おりもの用のシートは、サニタリーナプキンとは違い医薬部外品登録のためのルールがありません。そのため、ナチュラムーンのおりもの専用シートのトップシートには、アメリカの「オーガニック・エクスチェンジ」という団体が行うオーガニック認証「OE100 Standard」を取得したコットンを、無漂白のまま使用しています。

※1 「高吸水性樹脂」や「吸水ポリマー」とも呼ばれる、水分を吸収してジェル状に固まる性質を持った化学製品です
※2 2012年10月1日、同シリーズ販売開始時点(自社調べによります)
※3 日本繊維輸入組合 「日本のアパレル市場と輸入品概況」
※4 経済産業省 「繊維産業の現状及び今後の展開について」

<日本グリーンパックス株式会社について>
 1969年の会社設立から、各地の自治体に対して家庭ごみの収集や処理に関する新しい商品や仕組みの提案を行ってきました。独自の商品・サービスを通して、自然と調和し、人にやさしく、環境と共生する循環型社会の実現を目指し、現在は、官公庁事業(一般廃棄物に関わる官公庁施策のトータルサポート)、エコビジネス事業(環境関連設備・資材の販売)、ライフスタイル事業(人と環境に優しい家庭用品の企画開発・販売)の3つの柱で事業を展開しています。
(日本グリーンパックス株式会社ウェブサイト:http://www.greenpacks.co.jp/

■この件に関するお問い合わせ先
日本グリーンパックス株式会社
東京支社:〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町3-26 浜町京都ビル3階
Tel 03-3663-8745 / Fax 03-3639-8744
担当:上山(かみやま)
e-mail:info@greenpacks.co.jp

<掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。>

NaturaMoon布ナプキン
ナチュラムーンブランドキャラクター「くまこ」
NaturaMoonオーガニックコットン・サニタリーショーツ
サニタリーブランドNaturamoon(ナチュラムーン)
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 マッチスケジュール  試合日:12月23日(土・祝) … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ