プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

キッコーマン株式会社

デルモンテ「リコピンリッチ トマトケチャップ」「ケチャップ・ハーフ」 “キレいいボトル”で新発売!

1月24日

キッコーマン株式会社

デルモンテから、
「リコピンリッチ トマトケチャップ」「ケチャップ・ハーフ」
“キレイ”に使える“キレいいボトル”入り 新発売!

キッコーマン食品株式会社は、2月13日より、“キレいいボトル”入りの「デルモンテ リコピンリッチ トマトケチャップ」「デルモンテ ケチャップ・ハーフ」を全国で新発売します。

当社は、2012年に糖質とカロリー、塩分を50%カットした「ケチャップ・ハーフ」を、また、2013年にリコピンが通常のケチャップの1.5倍(*1)含まれる「リコピンリッチ トマトケチャップ」を発売し、「糖質・カロリー・塩分50%カット」「リコピン1.5倍」という新しい価値を提供してまいりました。

今回、それぞれの商品をリニューアルし、また、“キレいいボトル”入りの商品を新発売します。

“キレいいボトル”は液キレがよく、液だれを防ぐキャップを採用しており、柔らかくて手にフィットする、自立するボトルです。液“キレ”がよく、気になるキャップの汚れを防いで“キレイ”に使えるので、“キレいいボトル”と名づけました。
卓上でのつけ・かけに使いやすく、オムレツなどの卵料理やゆで野菜、ベーコンエッグなど、朝食のつけ・かけメニューにおすすめです。ケチャップが細く出ますので、出す量が調整しやすく、オムレツやオムライスなどに絵を書くなど、お子さまと一緒に料理づくりを楽しむ時にもおすすめです。

■商品特徴とリニューアルポイント

「リコピンリッチ トマトケチャップ」

≪商品特徴≫
・通常のトマトケチャップの1.5倍(*1)のリコピンが含まれています。
・トマトの成分「リコピン」は、サラダなどに使われる“生食用のトマト”よりもトマトケチャップやトマトジュースに使われる“加工用トマト”に多く含まれています。また、リコピンは油に溶けやすいため、油と一緒に調理すると吸収率が高まるとされています。
・手作りケチャップのような味わいと食感が特徴です。

≪リニューアルポイント≫
・自家醸造のパイナップルビネガーの使用量を増やし、トマトの甘みとコクをより感じていただけるようにしました。

(*1)当社家庭用JAS特級品と比較して

「ケチャップ・ハーフ」

≪商品特徴≫
・通常のトマトケチャップに比べ、糖類や食塩の使用量をおさえ、糖質・カロリー・塩分を50%カット(*2)しています。
・フルーティーな味わいのアップルビネガーとパイナップルビネガー、「ケチャップ・ハーフ」用にブレンドした香り高い香辛料を使うことで、糖類と食塩の使用量をおさえても物足りなさを感じないようにしています。

≪リニューアルポイント≫
・完熟トマトに加え、にんじんやかぼちゃなど9種類の野菜を使うことで、野菜の甘みが加わり、よりコク深い味わいになりました。

(*2)「日本食品標準成分表2015」トマトケチャップと比較

■“リコピンリッチ”と“ハーフ”の世界を広げるデルモンテ
デルモンテの“リコピンリッチ”シリーズは「トマトのおいしさをより気軽に味わっていただきたい」「より気軽にリコピンを摂っていただきたい」、“ハーフ”シリーズは「いつもの調味料をよりヘルシーに摂っていただきたい」というコンセプトで商品を開発しています。
今回、2017年春夏新商品として以下の商品を新発売します。

“リコピンリッチ”シリーズ:
・“キレいいボトル”入りの「リコピンリッチ トマトケチャップ」(2月13日発売)
・「リコピンリッチ ピザソース」(2月13日発売)
・「リコピンリッチ トマト飲料」(2月27日発売)
“ハーフ”シリーズ:
・“キレいいボトル”入りの「ケチャップ・ハーフ」(2月13日発売)

これからも、デルモンテは“リコピンリッチ”や“ハーフ”のような新しい価値を提案しながら、洋風調味料・トマト飲料の世界を広げてまいります。

                    記

1.品名及び容量、価格
デルモンテ リコピンリッチ トマトケチャップ(新商品) 290g軟質ボトル オープン価格
デルモンテ ケチャップ・ハーフ(新商品) 275g軟質ボトル オープン価格
デルモンテ リコピンリッチ トマトケチャップ(リニューアル) 485gチューブ オープン価格
デルモンテ ケチャップ・ハーフ (リニューアル) 450gチューブ オープン価格

2.発売時期 2017年2月13日 ※新商品のみ
3.発売地域 全国
4.消費者お問い合わせ先 キッコーマンお客様相談センター TEL 0120‐120358

以上

「ケチャップ・ハーフ」ラインナップ
左2品が新商品、右2品がリニューアル
「リコピンリッチ」ラインナップ
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 マッチスケジュール  試合日:12月23日(土・祝) … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ