プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社電通

電通、デジタルサイネージを見やすくする「みんなのサイネージ」を開発

2017年1月23日

株式会社 電 通

電通、デジタルサイネージを見やすくする「みんなのサイネージ」を開発

 株式会社電通(本社:東京都港区、社長:山本 敏博)は、デジタルサイネージを見やすくするデザインフォントとカラー「みんなのサイネージ」※1を開発し、2月1日より販売を開始します。

 企業や自治体が発信する情報が多くの方にきちんと伝わっているか、情報の見やすさ、分かりやすさが問われる時代です。街中・公共交通機関で需要が増えているデジタルサイネージにおいても、「見やすさ」はますます重要になっていくと考えられます。電通の社内横断チームである電通ダイバーシティ・ラボとデジタルサイネージ媒体を取り扱うアウト・オブ・ホーム・メディア(OOH)局では、そうした時代の流れを先取りし、「みんなのサイネージ」を開発しました。

 書体は、当社と一般社団法人ユニバーサルコミュニケーションデザイン協会(UCDA)、株式会社イワタが共同で開発したユニバーサルデザイン・フォント「みんなの文字」※2を使用し、カラーユニバーサルデザイン※3に対しても配慮しています。
 第1弾として、4月3日から都営バスのデジタルサイネージ上で「みんなのサイネージ」を利用したコンテンツを表示します。
 今後も、サイネージから流れる情報を、できるだけ「見やすく」読めるようにというダイバーシティーの観点から、新しいデザインに取り組んでまいります。

■「みんなのサイネージ」紹介ムービー
 https://youtu.be/1mqXRx7M52M

※1 「みんなのサイネージ」は商標登録出願中です。
  また、一般社団法人ユニバーサルコミュニケーションデザイン協会から
  「見やすさ」のUCDA認証と、特定非営利活動法人カラーユニバーサル
  デザイン機構(CUDO)からのCUD認証を取得済みです。
※2 「みんなの文字」は日本で唯一、科学的基準で評価・認証された
  ユニバーサルデザイン・フォントで、これまでに多くの 自治体や企業・団体で
  導入されています。
※3 「カラーユニバーサルデザイン」は、日本では300万人以上(男性では約5%)、
  欧米では10人に1人といわれる色弱の方の見え方の特徴に配慮し、できるだけ
  多くの人に情報が判別できるよう配色してデザインを行うこと。

以 上

【本リリースに関する問い合わせ先】
 株式会社電通 コーポレート・コミュニケーション室 広報部
       長澤、渓 TEL:03-6216-8041

【本サービスに関する問い合わせ先】
 株式会社電通 電通ダイバーシティ・ラボ、OOH局
       Email:programmatic-ooh@dentsu.co.jp

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

ラウンド16(4回戦)マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 ラウンド16(9月20日開催)のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 ラウンド16 マッチスケジュール   … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ