プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社トランス・アーキテクト

トランス・アーキテクト、NECネッツエスアイとExtension Powerプライムパートナー契約を締結

2017/01/23

株式会社トランス・アーキテクト

トランス・アーキテクト、NECネッツエスアイとExtension Powerプライムパートナー契約を締結

株式会社トランス・アーキテクト(所在地:東京都港区、代表取締役:中西 俊光)は、NECネッツエスアイ株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役執行役員社長:和田 雅夫、以下 NESIC)とExtension Powerプライムパートナー契約を締結したことをお知らせ致します。

昨今、「働き方改革」というキーワードのもと、内線電話、スマートフォン、PC、各種コミュニケーションツールの統合・連携によるITニーズが非常に高まっております。
Extension Powerはオフィステレフォニーの高度利用を実現するコミュニケーションシステムであり、現在ご利用のIT環境とオフィステレフォニー環境を融合し、質の高いコミュニケーションを実現する事で、オフィスの「働き方改革」を推進致します。

NESICはICTを活用したワークスタイル改革「EmpoweredOffice」を提供しております。Extension Powerは、Skype for Businessとのプレゼンス情報連携や、BYODでの会社の電話番号を使った発信機能など、テレワークにも適した機能を搭載していることから、社員一人ひとりのワークライフバランスの実現や生産性の向上を目指して導入が進むテレワークでの利用シーンを中心に、様々なワークスタイル改革のご提案を強化してまいります。
今後はNESICと協力し、Extension Powerをお客様のご要望に合わせてオンプレミス環境への導入、またはクラウドサービスにて提供いたします。
また、NESICの提供する「ネッツボイス 音声クラウドサービス」とExtension Powerクラウドサービスを組み合わせることで、さらに充実したクラウド型コミュニケーションサービスをご利用いただけます。

■ Extension Power製品サイト: https://extpwr.transa.co.jp/

Extension Powerの特徴は以下のとおりです。
・UNIVERGE Aspire UX、UNIVERGE SV9300、UNIVERGE SV9500と連携
・内線電話機をクリックだけで簡単操作
・電話着信時に着信情報をポップアップ通知
・特定電話番号に対する発信禁止
・特定電話番号からの着信拒否
・スマートフォンや携帯電話を使って会社番号から発信 (V字発信機能)
・会社固定電話着信をスマートフォン等でピックアップ
・アドレス帳を統合的に管理

本製品が提供する機能は、連携するIP-PBXによる差分はほとんどなく、小規模のお客様から大規模のお客様、さらに複数拠点に設置されたIP-PBXに対しても連携が可能ですので、お客様のシステム規模に応じたオフィスCTIを推進してまいります。

【株式会社トランス・アーキテクトについて】
本社:〒105-0004  東京都港区新橋3-3-14 田村町ビル2F
代表者:代表取締役 中西 俊光
設立:2006年 1月 11日
資本金:3000万円
TEL:03-6240-6170
FAX:03-6240-6171
URL: https://www.transa.co.jp/

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準々決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝(10月25日開催)のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝 マッチスケジュール  試合日 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ