プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社NTTアド

【訂正・再送】秋葉原訪問者の多様性を検証する調査を実施、調査レポート『空気読本』vol.18を刊行

2017年1月19日

株式会社NTTアド

20代以下の女性たちにとって、秋葉原は原宿よりも刺激的な街!?
秋葉原でモノ・コト消費を積極的に楽しむ「ネオ・アキバ系女子」が顕在化

(※)2017年1月19日(木)10:00に配信したリリースの一部(グラフ説明文)に誤りがございましたので、訂正して再度配信致します。ご迷惑をおかけし、申し訳ございません。

[訂正箇所]
本件リリース全文ファイルのページの6ページのグラフ説明文が一部事実誤認。本文中の店舗・施設の分類において「ゲーマーズ」は娯楽施設に該当しないため修正済み。

 オタクの聖地とされてきた秋葉原ですが、訪問者の属性が多様化しています。ビジネスパーソン、オタク系男女、訪日外国人に加え、友達同士や家族同伴で訪れている一般女性の姿も目立つようになりました。理由としては、再開発地域や複合商業施設など女性が訪問しやすい動線が新設されていることや、交通機関がより充実していることなどが考えられます。事前の予備調査(※)においても、この一年で秋葉原を訪問した人のうち約半数を女性が占めていました。
 そこで、(株)NTTアド(東京都品川区、代表取締役社長:長谷部敏治)では、多様化する秋葉原訪問者の実態を把握するため、一都六県在住の16歳~49歳男女を対象に定量調査を実施しました。その結果、秋葉原を訪問する際、性年代によって同伴者形態に特徴がみられ、中でも20代以下の友達と訪問する男女の意識に違いがあることが分かりました。具体的には、以下の調査結果概要となっています。 
※(一都三県在住の10代~50代男女981名を対象とした)事前の予備調査では、この一年以内に秋葉原を訪れた経験がある対象者が48%。秋葉原訪問経験者のうち、男女の割合は男性が49%、女性は51%であった。

【調査結果概要】
 秋葉原訪問者は、性年代によって同伴者形態に特徴が見られたため、「1人で訪問する30代~40代男性」「恋人と訪問する10代~30代女性」「友達と訪問する20代以下男女」「家族と訪問する30代~40代女性」の4層に分類し比較検証した。

■秋葉原訪問者の世帯年収/全体のボリュームゾーンは「400万円以上~600万円未満」■
中でも「家族と訪問する30代~40代女性層」は、夫とのダブルインカムのせいか、全体的にやや高め。

■秋葉原訪問者の訪問頻度/「1人で訪問する30代~40代男性」は訪問頻度がやや高め■
全体の8割以上が「3ヶ月~1年に1度」と回答。中でも「1人で訪問する30代~40代男性」は、「1ヶ月に1度」訪れると回答した人の割合が全体に比べて高く、訪問頻度がやや高めである。

■秋葉原への訪問目的/「友達と訪問する20代以下男女」は様々な目的で訪問している■
全体では、「買い物(趣味に関するもの)」(55.8%)が最も高く、さらに「買い物(生活必需品)」(37.5%)と続く。中でも「友達と訪問する20代以下男女」は、様々な目的で訪問しているという特徴が見られた。

■秋葉原への訪問日時/「友達と訪問する20代以下男女」は「平日の夜間」にも訪れる■
全体の過半数が主に「土曜・休日の昼間」に訪問と回答。 「1人で訪問する30代~40代男性」は「平日の昼間」、「友達と訪問する20代以下男女」は、「平日の夜間」と回答した人の割合が全体に比べてやや高い。

■秋葉原で訪れる店舗/「友達と訪問する20代以下男女」はモノ・コトまで幅広く消費■
中でも「友達と訪問する20代以下男女」は、趣味性の高いオタク系ショップから娯楽施設まで、モノからコトまで幅広く消費する傾向にある。

■秋葉原のイメージ/「友達と訪問する20代以下男女」にとって創造的で刺激的な街■
「友達と訪問する20代以下男女」は、秋葉原に対して創造的でポジティブなイメージを抱いている。

 今回の調査結果から、秋葉原訪問者の中でも「友達と訪問する20代以下の女性」が、今後、秋葉原エリアで積極的に消費するリピーターとなりうることが判明しました。彼女たちは、メインカルチャー化したオタク文化の中で育ち、オタクに対する抵抗感が無く、しかもアグレッシブにモノ・コト消費を楽しむため、今後、ますます秋葉原エリアでの消費行動を活発化する可能性が高いと考えられます。そんな彼女たちを「ネオ・アキバ系女子」と位置付け、インタビュー調査も加え、下記公式サイトで調査レポート『空気読本vol.18』として公開しており、スマホでも閲覧可能ですので是非御覧下さい。
【空気読本】 http://www.ntt-ad.co.jp/research_publication/publication/kuukidokuhon/
【秋葉原UDXビジョン】http://www.ntt-ad.co.jp/udx/index.html

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

ラウンド16(4回戦)マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 ラウンド16(9月20日開催)のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 ラウンド16 マッチスケジュール   … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ