プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

放送大学

<訂正配信>建築家 隈 研吾 氏が語る「新国立競技場の設計を通じて」公開講演会を開催(2/18)

2017年1月11日

放送大学

建築家 隈 研吾 氏が語る
「新国立競技場の設計を通じて ~1964-2020 二つのオリンピックスタジアム~」
無料公開講演会を開催(2/18)

※1月11日14時に配信した本件リリースに誤りがございましたので、以下のとおり
 訂正し、再掲させていただきます。申し訳ございません。
 <訂正箇所>2.講演会概要の【日時】
 (誤)2017年2月18日(土) 13:30開場 14:00開講
 (正)2017年2月18日(土) 15:00開講

※以下、差し替え文

放送大学東京文京学習センター(東京都文京区)は、この度、建築家、隈 研吾(くま けんご)氏を講師としてお招きし、無料の公開講演会「新国立競技場の設計を通じて ~1964-2020 二つのオリンピックスタジアム~」を2017年2月18日(土)に開催いたします。

1.講師による講演内容概要
1964年の東京オリンピックの時、小学生のぼくは丹下健三設計の「国立代々木競技場」に衝撃を受けて、建築家を志しました。高度成長、バブル、震災を経て、東京は2020年に再びオリンピックを迎えます。そのメインスタジアム・新国立競技場の設計に込めた想いから、21世紀のいま都市をつくること、つなぐことについてお話します。

2.講演会概要
【日時】2017年2月18日(土) 15:00開講
【会場】放送大学東京文京学習センター 多目的講義室1(地下1階)
    東京都文京区大塚3-29-1
※東京メトロ丸ノ内線「茗荷谷駅」下車徒歩3分
【参加申し込み】HPからのみ受付
 http://www.ouj.ac.jp/hp/o_itiran/tokubetu/20170218.html
【ご注意】定員に達し次第、締切らせていただきます。無料・要予約です。

3.講師概略
隈 研吾(くま けんご)
建築家。1954年横浜市生まれ。
東京大学大学院建築学科修了。隈研吾建築都市設計事務所主宰。
主な作品に「森舞台/登米町伝統芸能伝承館」(日本建築学会賞)、「水/ガラス」(アメリカ建築家協会ベネディクタス賞)、「根津美術館」(毎日芸術賞)など。
主な著書に『負ける建築』『つなぐ建築』『場所原論-建築はいかにして場所と接続するか』、共著に『新・都市論TOKYO』『広場』など。
2020年東京オリンピック・パラリンピックのメインスタジアム・新国立競技場の設計を手がける。

<放送大学> http://www.ouj.ac.jp/

放送大学東京文京学習センター
隈 研吾 氏

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

ラウンド16(4回戦)マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 ラウンド16(9月20日開催)のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 ラウンド16 マッチスケジュール   … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ