プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社コラントッテ

CSS(コラントッテ・セーフティ・システム)~2017年1月11日からサービス開始~

平成29年1月11日

株式会社コラントッテ

これからの高齢化社会を支える安心システム
不測の事故・災害・急病発生時、および認知症による徘徊が起きた際に
大切な人を身元不明の事態から守る
CSS(コラントッテ・セーフティ・システム)
~2017年1月11日からサービス開始~

 磁気健康ギア「Colantotte(コラントッテ)」の製造・販売元である株式会社コラントッテ(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:小松 克已、URL:http://www.colantotte.jp )は、不測の事故・災害・急病・徘徊などが起こった際に、大切な人を身元不明の事態から守るためのCSS(コラントッテ・セーフティ・システム)を開発、2017年1月11日よりサービスを開始します。
http://www.colantotte-css.jp/
CSSお申込みフリーダイヤル:0120-13-0001

◆開発コンセプト                                   
年々増える救急搬送、意外と多い働き盛り世代の“不測のトラブル”…
大切な人を、身元不明の事態から守りたい。
 近年、予期せぬ事故や心筋梗塞・脳梗塞などの突発的な病気、さらにはゲリラ豪雨や地震といった災害などのアクシデントによって、救急搬送される方が増えています(下図(1)参照)。
 しかも、一般的にはそうした事態に見舞われるのは高齢者が多いと思われがちですが、実は働き盛りの30~40代の方が多いということも判明しています(下図(2)参照)。
 またさらには、高齢化社会が進むとともに増加する認知症(徘徊など)により、高齢者が「身元不明」のままになってしまうという事態も多発し、大きな社会問題となっています。
 CSS(コラントッテ・セーフティ・システム)は、そのような“もしもの事態”から大切な人を守ることを目的として開発されました。

◆身元照会サービスの概要                                 
事前に緊急連絡先などを登録(最大5件まで)。
CSS管理センターに連絡が入れば、24時間365日対応で身元を照会。
 CSSをお申込みいただく際には、あらかじめ緊急連絡先・勤務先・個人宅等をご登録いただきます(最大5件/HPやCSS管理センターにて、随時登録変更可)。
 万が一、事故や病気などで身元照会が必要となった時には、警察、消防、発見・介助者などが、ペンダントトップに記されたフリーダイアル(CSS管理センター)へ通報。通報を受けたCSS管理センターは、登録された緊急連絡先に24時間・365日体制で連絡いたします(システム特許取得:特許第5873946号)。

【利用料】年額18,000円(税別)
(1)ペンダント本体価格 
(2)24時間・365日体制の身元照会サービス 
(3)付帯される個人賠償保険費用を含む(分割でのご利用も可能。その際には月額1,500円税別)。
※ご利用されるご本人以外の離れて暮らすご家族の方等からのお申し込みも可能です。

◆CSSの特長&メリット                                  
1.交通事故傷害保険(死亡・後遺障害のみ最大100万円)、賠償責任危険保険特約(支払限度額3億円)も付帯
 CSSは、東京海上日動火災保険と提携した損害保険が付帯されており、CSSサービスのお申込みと同時に、自動的に損害保険サービスを受けることができます。交通事故傷害保険(死亡・後遺障害のみ 最大100万円)、賠償責任危険保険特約(支払限度額3億円)が付帯されています。

<東京海上日動火災保険がCSSに参画・提携するに至った背景>
「安心と安全」と「地方創生」を考える企業として、コラントッテの挑戦をバックアップ
 東京海上日動火災保険は、「お客様の信頼をあらゆる事業活動の原点におき、「安心と安全」の提供を通じて、豊かで快適な社会生活と経済の発展に貢献します。」という経営理念を掲げています。

 近年、突発的な災害や事故、あるいは病気や認知症による徘徊などが原因で、身元不明になる事態が多発しています。その社会課題を解決するためにCSSの開発・商品化に取り組むコラントッテの「挑戦」を、保険商品の提供を通じてバックアップすることは、まさに東京海上日動火災保険の経営理念そのものに合致しています。
 また、現在、東京海上日動火災保険では「地方創生」にも注力しています。2016年には、社員を長野県の第三セクター鉄道会社「しなの鉄道」に社長として出向させ、地域社会の基盤となる鉄道を活性化、観光客の誘導を図るなどの社会貢献活動も展開しています。顕在化する日本の社会課題に対して、大阪に本社を置くコラントッテの果敢な取組みをバックアップすることは、地方企業の東京進出や全国展開、ひいては関西経済の活性化に貢献しうるものと考えられ、CSSへの参画・提携に至っています。

<賠償責任危険保険特約の必要性>
認知症による徘徊行動が原因で起こった事故は、損害賠償請求の対象となる?

 2016(平成28)年3月、最高裁判所は、 認知症患者によって起こされた鉄道事故に関する判決を下しました。この事故は、2007(平成19)年12月に東海道本線共和駅で発生したものです。認知症患者A氏(要介護4、認知症高齢者自立度IV)が線路に立入り、走行してきた列車にはねられるという事故が発生。JR東海は、A氏の遺族に対して振替輸送費等の損害賠償請求を提訴しました。
 一審の名古屋地裁では、A氏の妻と長男に対し損害賠償請求額約720万円全額支払いが命ぜられました。
 二審の名古屋高裁では、長男に対する請求を退け、A氏の妻に対してのみ請求額の半額約360万円の支払いが命ぜられました。

 最終的に、最高裁においては長男についても妻についてもJR東海への損害賠償義務が否定され、多額な損害賠償を負わねばならない事態は回避されましたが、たとえ認知症による徘徊行動であっても、多額な賠償リスクも伴う可能性があること示唆する裁判事例となりました。

2.あえてGPSなどは使わない「アナログ」システムだから、誰でも使える!
 たとえばGPS機能などの最新技術を盛り込んだ機器であっても、複雑な操作を要するものならば、誰もが使うことはできません。もっとも身近に感じられる携帯電話であっても、事故と同時に故障や破損、水没なども起こり得ます。また、電池切れを起こしたりキーロックがかかっていたりすれば、それだけで“使えないもの”になってしまいます。
非常時にこそ、誰でも使える簡単・シンプルなシステムを!
CSSが「身につけているペンダントのフリーダイヤルに電話するだけ」という、あえて「アナログ」な仕組みを採用した理由は、そこにあります。

3.発見者はCSS管理センターに通報するのみ。プライバシーも保護
 ご登録いただく内容は、緊急連絡先、勤務先、個人宅など、必要最小限の連絡先のみ。通報先はCSS管理センターで一元化されており、通報者から緊急連絡先に直接連絡が入ることはありません。そのため、たとえば認知症患者の徘徊見守りなどで一般的によく利用されている「住所・氏名・電話番号入り名札ホルダー」などに比べ、個人情報が流出するリスクは最小限に抑えられます。

<CSS管理センター>
強固なセキュリティのもと、緊急時には「素早く」「正確に」
 CSSでは、サービス開始にあたって、お客様の個人情報とプライバシーに配慮して強固なセキュリティシステムを完備したコールセンターを開設。そのうえで、緊急時には「素早く」「正確に」をモットーとして、一番急を要する時に、一番大切な人に、一番重要なサービスを提供できるようにトレーニングしています。

4.毎日身につけたくなる優れた機能性と高いファッション性
また、このシステムは、「常に身につけて」いなければ、万が一の時に機能しません。CSSは、これまでコラントッテが培ってきた医療機器としての優れた機能性と高いファッションを兼ね備えた“いつでも身につけていたくなる”商品づくりをめざしました。

●コラントッテは「医療器具」
 CSSのシリコンループは、磁力で血行を改善し、コリを緩和する「医療器具」です。これまでコラントッテが培ってきた磁気商品づくりの技術をそのまま活かしています。ポイントは、コラントッテ独自の「N極S極交互配列」。一般的な磁気商品に比べ、磁力が広範囲に影響するため、着用しているだけでつらい首・肩・腰などのコリを緩和します。

<コラントッテの商品品質>
ISO9001 ISO13485取得
欧州でも医療機器としての認可取得

コラントッテの商品は、品質マネジメントシステムISO9001、 ISO13485を取得しています。【指定管理医療機器認証済み】

※コスモス・コーポレーション社により指定管理医療機器認証済み。同社は平成17年4月1日より、厚生労働省から認証機関としての登録を受け(登録番号:第AG号)、指定高度管理医療機器等の製造販売認証サービスの提供を行っており、全ての指定管理医療機器と多数の指定高度管理医療機器の認証が可能です。

 ヨーロッパ(EU)地域においては、CEマーキングのクラスi医療機器として販売されています(CEマーキングとは、ヨーロッパ(EU)地域で販売される指定製品に貼付を義務づけられている安全マーク)。その他、トルコ、韓国、(MFDS)においても、医療機器として認可を取得しています。

●シンプルなデザインとカラーバリエーション
ペンダントトップは、ネックレスタイプとキーリングタイプの2Wayで使えます。男性ならちょっとおしゃれにネックレスタイプで、ファッションコーディネートを気にされる女性やお子さまならキーリングタイプでと、TPOにあわせてご利用いただけます。
 また、ペンダントトップのカラーバリエーションは全5種そろえています。CSSペンダントは、毎年更新の際に新しいものと交換しますので、そのたびごとに様々な色をお楽しみいただくこともできます。

■株式会社 コラントッテについて

「健康を主体に、心からの笑顔が得られる製品を提供する」

 株式会社アーク・クエスト(旧社名)は1997年設立以来、医療機器メーカーとして「健康・元気・笑顔」を基本テーマに掲げ、1999年に家庭用磁気治療器、磁気健康ギア「コラントッテ」の発売を開始いたしました。
 2008年には「ISO13485」と「ISO9001」を取得し、医療機器としての品質の確立を遂行するとともに、欧州安全基準企画CEマーク及び韓国医療機器(MFDS)取得等、世界での基準取得にも取り組み、現在も主要各国での取得に向け進行しております。
 2015 年7 月より社名を株式会社アーク・クエストから株式会社コラントッテに変更し、日本国内そして世界中の皆様の健やかな生活をサポートできるよう邁進しています。

【 会社概要 】
株式会社コラントッテ 
代表取締役社長 小松克已
〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場2 丁目10 番26 号 コラントッテビル
TEL:06-6258-7350(代表) FAX:06-6258-7360
業務内容:医療機器の製造、販売、日用品雑貨の製造、販売、通信販売業務
URL:http://www.colantotte.jp
CSSお申込みフリーダイヤル:0120-13-0001

コラントッテは「医療器具」(2)
シンプルなデザインとカラーバリエーション
管理センター
コラントッテは「医療器具」(1)
図(2) 年齢層別負傷者数の推移(各年12月末)
ペンダントトップ(rear)
図(1) 年間救急出動件数
キーリングタイプ
ネックレスタイプ
CSS(コラントッテ・セーフティ・システム)
パッケージ

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

ラウンド16(4回戦)マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 ラウンド16(9月20日開催)のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 ラウンド16 マッチスケジュール   … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ