プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

アビームコンサルティング株式会社

【報道資料】アビーム、製造業の生産現場と製品のIoT化を支援するサービスの提供を開始

2017年1月5日

アビームコンサルティング株式会社

アビーム、製造業の生産現場と製品のIoT化を支援する
「IoT Data-Driven Manufacturing Solution」の提供を開始

アビームコンサルティング株式会社(代表取締役社長 岩澤 俊典、東京都千代田区、以下 アビームコンサルティング)は、本日より、製造業の生産現場と製品のIoT化を支援する「IoT Data-Driven Manufacturing Solution」の提供を開始します。

 デジタル革命は、IT業界に留まらず様々な産業へ広く浸透し、既存のビジネスモデルを破壊し新たな競争環境を創出しています。製造業においても、ドイツやアメリカを筆頭に、IoTを活用した生産性の向上や設備稼働率の向上、保全の高度化、新たなサービスやビジネスモデルの創出など、競争力を高めるための取り組みが進められています。
 日本においては、先進的な取り組みを開始し徐々に成果を挙げる企業がある一方、IoTの導入に際し何から手をつけていいのかわからない、具体的な活用用途がわからない、データの分析・収集は既に行っているが新たな知見が得られない、費用対効果が見えないなど、普及においては様々な課題があります。また、設計・生産・物流などの現場改善や、既存製品や資産を活かしたサービスの活用など、取り組むテーマにより、IoTの導入のアプローチが一様でない点も特徴として挙げられます。

 「IoT Data-Driven Manufacturing Solution」は、アビームコンサルティングがこれまで製造業の業務改革・サプライチェーンの高度化を支援する中で蓄積してきた知見と、多数のIoTの導入実績に基づき開発されたサービスで、特に需要の高いエンジニアリング改革を対象としています。既に実績のある活用シナリオとデータ分析モデル、アビームコンサルティングにて構築済みのIoTプラットフォーム(複数のクラウドサービスから選択が可能)、独自のデータ分析・活用方法論から構成され、短期間・低コストでIoTを導入することが可能です。

 本サービスを通じ、企業は製造現場ですでに行われているデータ収集・分析に対する新たな気づきによる業務改善や、「モノ」から「サービス」提供へと転換するためのサービスやビジネスモデル開発を、一定期間のトライアルで体験することでIoTの導入や活用に対し具体的なイメージをもとに、本格的な取り組みを効率よく進めることができるようになります。
 
「IoT Data-Driven Manufacturing Solution」によって提供される代表的なサービスは以下の通りです。

1. IoT導入検証トライアルサービス
 IoTの導入アプローチとメリットを30日間で体験できるトライアルサービスです。最初に、アビームコンサルティングによる最新のビジネス・デジタルテクノロジー動向の研修と、企業が蓄積しているデータの活用状況や業務課題を確認するワークショップを行い、設備の異常検知、製品状態把握とその品質向上、といった取組みのテーマを決定します。次に、決定したテーマに応じ、アビームコンサルティングが所有するIoTプラットフォーム環境、簡易なデータ分析をサポートするためのライブラリ郡、分析モデルを組み合わせ、実データを使用した分析と、モデルの構築を行います。本サービスを通じ、企業はどのような取り組みテーマが考えられるのかといった新たな気づきや、これまで企業独自で行ってきたアプローチとの違い、またIoTプラットフォームへの適用方法と現場業務改善点の見極めを短期間で体験することができます。

2. IoTデータ分析・機械学習活用プラットフォーム構築支援サービス
 アビームコンサルティングが提供するAIツール「HyperCube」と機械学習の手法を組み合わせ、企業がこれまで蓄積してきたデータを異なるアプローチで分析します。業務プロセス・設備機器(メカ)・数理モデル・統計手法・ITそれぞれに精通したコンサルタントからなるチームが、データの傾向と現実で起こる事象を照らし合わせることで、企業独自の取組みで気付かなかった発生頻度の低い異常の検知や、故障の予測、新たな製品不具合要因の検知、消耗品や部品交換の予測といった新たな気付きを導き出します。アビームコンサルティングが所有する分析モデルの業務適用方法論を活用し、新たなデータ活用を実現するデータ分析、モデル構築だけでなく、業務への適用から定着化までを一環して支援します。

3. IoT活用プロセス内製化推進サービス
 品質検査の改善や製品利用状態の見える化、製品や設備の異常検知や故障予測といったテーマに対するIoTの導入は、製品設計、工程設計、生産準備、生産といったエンジニアリングチェーン全体に踏み込んだデータを必要とすることが多く、知財の観点からも内製化へのニーズが高くあります。一方で、最新テクノロジーと統計解析手法を組合せたデータ活用ノウハウや、研究、生産、ITといった組織横断型での取り組み、新たなデータ活用の視点といったIoT導入に求められる知見・手法を企業独自で獲得・開発するのは困難で、外部パートナーとの協力が欠かせません。アビームコンサルティングは、データ分析や業務の改善点とその効果の見極めを行うプロジェクト型の取組みを通じ、現在企業が保有しているスキルと今後必要となるスキルのギャップを把握し、企業が継続的に自走できるよう内製化への仕組みづくりを支援します。

提供するサービス内容により価格、期間は異なりますが、IoT導入トライアルサービスは、標準モデルで450万円です。今後、国内製造業企業を中心に2017年度中に10件の導入を目指していきます。

*アビーム、ABeam及びそのロゴは、アビームコンサルティング株式会社の日本その他の国における登録商標です。
*本文に記載されている会社名及び製品名は各社の商号、商標または登録商標です。

■当社HP プレスリリースページURL:http://jp.abeam.com/news_topics/1209.html

アビームコンサルティング株式会社について
アビームコンサルティングは、アジアを中心とした海外ネットワークを通じ、それぞれの国や地域に即したグローバル・サービスを提供している総合マネジメントコンサルティングファームです。戦略、 BPR、IT、組織・人事、アウトソーシングなどの専門知識と、豊富な経験を持つ約 4,300 名のプロフェッショナルを有し、金融、製造、流通、エネルギー、情報通信、パブリックなどの分野を担う企業、組織に対し幅広いコンサルティングサービスを提供しています。
ホームページ:http://www.abeam.com/jp/

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準々決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝(10月25日開催)のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝 マッチスケジュール  試合日 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ