プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社電通

電通、アジア地域におけるEコマース領域の有力ソリューション会社「ブルーコム社」の株式100%取得で合意 

2016年11月24日

株式会社  電 通

電通、アジア地域におけるEコマース領域の有力ソリューション会社
「ブルーコム社」の株式100%取得で合意 

 株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:石井 直、資本金:746億981万円)の海外本社「電通イージス・ネットワーク」は、アジア地域においてEコマース領域のソリューションを提供する有力企業「Bluecom Solutions Limited」(本社:上海市、Managing Directors:Patrick Deloy、Florian Legendre、以下「ブルーコム社」)の株式100%を取得することにつき、同社株主と合意しました。

 2012年に設立されたブルーコム社は上海市に本拠地を置き、香港市、シンガポール市、ホーチミン市などに営業拠点を構えています。
同社は、世界三大Eコマース・プラットフォームとして知られるMagento(マジェント)、Salesforce Commerce Cloud(セールスフォース・コマース・クラウド)、SAP Hybris(SAPハイブリス)のアジア地域における重要パートナーとなっており、総勢160名の専門スタッフが多くのグローバル企業向けにEコマース関連サービスを提供しています。
 Eコマース領域に関するコンサルティングやソリューション開発を行う同社は、グローバル企業におけるEコマース・プラットフォームの構築と、中国をはじめアジア各国に向けたローカライズ化、およびそれをサードパーティー・データと融合させるサービスに強みを持っています。

 アジア地域、とりわけ中国は世界最大のEコマース市場となっています。そのBtoC市場の規模は2010年からの5年間で約10倍に膨らみ、さらに成長を加速させています。2020年には全小売に占めるEコマースの割合が20%に達するとした予測もあります。また、中国、日本、韓国、香港、シンガポール、オーストラリア、ニュージーランドの7カ国・地域は、世界のEコマース市場の上位20位に入っており、引き続き高い市場成長が続くと見られています。

 株式取得後、当社はブルーコム社を当社グループの10のグローバルネットワーク・ブランド※の1つでデジタル領域のサービスを提供しているIsobar(アイソバー)のネットワークに組み込みます。ブランドと消費者とのエンゲージメントを強化するIsobarのブランドコマース戦略をさらに強化していくことが狙いです。そのため、ブランド呼称を「Isobar Commerce」(アイソバー・コマース)に改め、Isobar中国やアジア各地に展開するグループ各社、特に2016年5月に買収した中国のモバイルEコマース専門会社であるベリースター社(現ベリースター・リンクト・バイ・アイソバー)との連携を図りながら、あらゆる商取引のプラットフォーム上で、消費者に付加価値の高いブランド体験と購買サービスを提供していきます。

 なお、本件が当社の2016年12月期の連結業績に与える影響は軽微です。

※電通の海外事業を統括する「電通イージス・ネットワーク社」(ロンドン)は、10のグローバルネットワーク・ブランドを中心に世界でビジネスを展開しています。10のブランドとは、Carat、Dentsu(Dentsu Brand Agencies)、Dentsu media、iProspect、Isobar、mcgarrybowen、Merkle、MKTG、Posterscope、Vizeumを指します。

【ブルーコム社の概要】
 社  名  : Bluecom Solutions Limited
 本社所在地 :   中国・上海市
 設  立  : 2012年5月
 株主構成  : 株式取得後、電通イージス・ネットワーク 100%
 収益(Revenue):3,875万中国元(約6.3億円)(2015年12月期)
 代 表 者   : Patrick Deloy(Managing Director)
         Florian Legendre(Managing Director)
 従業員数  : 160名
 事業内容  : Eコマース・ソリューションの開発・提供、メンテナンス、
         コンサルティングなどのサービスを提供

以 上

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 マッチスケジュール  試合日:12月23日(土・祝) … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ