北アルプス安全登山アピール2022

インプレスグループで山岳・自然分野のメディア事業を手がける株式会社山と溪谷社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:二宮宏文)と、同社が設立した日本山岳遺産基金は「北アルプス安全登山アピール」を後援いたします。
 長野県・富山県・岐阜県の自治体や同県警担当課で構成される「北アルプス三県合同山岳遭難防止対策連絡会議」は、「知って 備えて 安全登山」をスローガンに、夏山シーズン(7月1日~8月31日)における山岳遭難防止キャンペーンを展開、その安全登山啓発活動の一環として、2014年より東京都内でのイベント「北アルプス安全登山アピール」を日本山岳遺産基金・山と溪谷社後援のもと実施してきました。
 2020年は新型コロナウイルスの感染拡大により残念ながら中止となりましたが、昨2021年はリアルイベントの代わりに各県警をオンラインでつなぎ、ウェブ上で開催しました。今年も昨年と同様にウェブセミナーとして開催し、より多くの人が参加しやすい7月7日、平日・木曜の晩に行うこととなりました。
 本セミナーでは、各県警の山岳遭難救助隊員等が実際の遭難事例を紹介しながら、各テーマに沿って、安全登山のために知っておきたい知識を伝えます。また、事前に参加者から寄せられた安全登山・遭難防止に関する質問への回答も予定しています。
 予約不要、先着順で300名まで視聴いただけますので、ご興味のある方はぜひご参加ください。なお、事前に募集する質問については、下記の詳細リンク先で受け付けています。

 

■「北アルプス安全登山アピール2022」開催概要
日時:
2022年7月7日(木) 19:00~20:30
※入室は18:30(30分前から)

形式:
ウェブセミナー(Zoomライブ配信)、参加無料

内容:
遭難概要 三県の山岳遭難発生状況
各県の取り組み ※テーマは仮
・北アルプス安全登山5則/岐阜県
・北アルプス山小屋のコロナ対策/長野県
・新型コロナを踏まえた登山/富山県
・三県合同山岳遭難救助隊による質疑応答

事例発表 ※テーマは仮
・遭難事例と防止対策(疲労・発病・高山病対策)/岐阜県警
・遭難事例と防止対策(道迷い・野生動物対策)/富山県警
・遭難事例と防止対策(転滑落・転倒対策)/長野県警

質疑応答

定員:
300名(視聴先着順)

視聴方法:
詳細につきましては、下記URLよりご確認ください。
https://www.yamakei.co.jp/news/release/202206301.html

諸注意:
・パソコン、スマートフォン、タブレットなどから参加が可能です。
・スマートフォン・タブレットで視聴される場合、Zoomアプリのインストールが必要です。
・安定したインターネット環境下でご参加ください。
・準備には万全を期していますが、通信状態やシステムトラブルなどにより配信が中断する場合があります。あらかじめご了承ください。
・マイク及びカメラをオフにしてご参加ください。
・オンラインセミナーの録音、録画その他の複製行為などはご遠慮のほどお願いいたします。

主催:
北アルプス三県合同山岳遭難防止対策連絡会議

後援:
株式会社山と溪谷社・日本山岳遺産基金

詳細リンク:
https://sangakuisan.yamakei.co.jp/2022/06/post-0087.html

開催日時
2022/07/07
開催時間
19:00~20:30
登壇者
主催
北アルプス三県合同山岳遭難防止対策連絡会議
配信方法
Zoom 無料

最新情報News

東北暮らし発見塾(陸前高田校) ~地域と関わる暮らしの楽しみ方

開催日時
2022/08/09
開催時間
19:00-21:00
登壇者
戸羽 太 氏(陸前高田市長)
多勢 瞳 氏(特定非営利活動法人 高田暮舎)
山本 健太 氏(一般社団法人トナリノ)
山本ひろみ 氏(一般社団法人トナリノ)
久保 玲奈 氏(フリーランス)
佐々木 快昌 氏(牡蠣漁師見習い兼ワカメ漁師)
指出 一正氏(ソトコト編集長)
主催
復興庁
配信方法
Zoom 無料