eラーニングテクノロジの最先端、教育へのデジタルバッジ適用はここまで進んだ。《オンライン開催》

導入実績2000超を誇る 創業27年のeラーニング専門ソリューション企業、株式会社デジタル・ナレッジ(本社:東京都台東区、代表取締役社長:はが弘明)は、2022年5月27日(水)、最新教育テクノロジセミナー「eラーニングテクノロジの最先端、教育へのデジタルバッジ適用はここまで進んだ。」をオンラインにて開催致します。

  • こんな方におすすめ
  1. 最先端のテクノロジで自らの教育をより良くしたい方
  2. eラーニングのご担当者さま
  3. EduTech分野での新規事業開発のご担当者さま

デジタル・ナレッジ教育テクノロジ研究所では、日々「教育×最先端テクノロジー」についてチャレンジし、調査・研究を重ねております。
今回は、その中でも「デジタルクレデンシャル」の中でも注目の「デジタルバッジ」をテーマにご紹介いたします。また、GIGAスクールで注目されている国際技術標準への取り組みについてご説明いたします。
なお、ご参加いただいた方には、「デジタルバッジ早わかりブック」小冊子のデータをプレゼントいたします。

 

セミナー概要

開催日時             2022年5月27日(水)15:00-16:00 (オンライン接続可能 14:45~)
主催      デジタル・ナレッジ教育テクノロジ研究所
会場      オンライン開催(当日はZoomウェビナーで配信予定です。)
    ※本セミナーはオンライン開催のみです。
費用      無料
詳細/申込            https://www.digital-knowledge.co.jp/archives/26961/

 

  • プログラム

1.最新の教育テクノロジの動向
・デジタル・ナレッジ教育テクノロジ研究所のご紹介
・デジタルバッジの最新動向
2.いま取り組むチャレンジの事例
・放送大学 オープンバッジ利用事例
・共同研究事例: 包括的学修履歴証明(CLR: Complehensive Learner Records)
・みらい:デジタル証明書: Verifiable Credential
3.急速に普及している技術標準のいま
・IMS Global Digital Credentials
  - オープンバッジ 2.0 , 3.0
  - CLR 1.0 , 2.0
4.質疑応答
※内容は変更する可能性があります。あらかじめご了承ください。

 

  • 登壇者

IMS Japan デジタルバッジ関連標準
国内導入検討部会 副主査
デジタル・ナレッジ教育テクノロジ研究所
シニア・フェロー
秦 隆博

1984年 日本アイ・ビー・エム株式会社入社。初等中等教育機関と企業研修を対象にしたソリューション開発・営業推進担当、CAIシステム、教育コンテンツ開発に従事。米国IBMに出向を経て、2000年に起業。以来、官公庁、eラーニング・ベンダー、企業、大学へのコンサルティング・サービスやコンテンツ開発支援サービス事業に従事。座右の銘は「想像から創造へ」。
 

開催日時
2022/05/27
開催時間
15:00-16:00
登壇者
IMS Japan デジタルバッジ関連標準
国内導入検討部会 副主査
デジタル・ナレッジ教育テクノロジ研究所
シニア・フェロー
秦 隆博
主催
株式会社デジタル・ナレッジ
配信方法
Zoom 無料

最新情報News