『共創』から考えるこれからのサステナビリティ

■ 開催の背景と概要
 凸版印刷は、SDGsへの取り組み強化と経営への統合を目指すことを宣言した「TOPPAN SDGs STATEMENT」を2019年11月に策定しました。さらに、2020年11月からは、具体的な活動として「TOPPAN Business Action for SDGs」を開始し、取り組みを強化しています。
 これを受けて、日本文学研究者/早稲田大学特命教授/早稲田大学国際文学館(村上春樹ライブラリー)顧問/東京大学名誉教授など数々な肩書を持つロバート キャンベル氏に、凸版印刷が2月に発行する企業向けの情報誌『ideanote®』に掲載する取材記事と連携した「サステナブル×共創×日本社会」というテーマでインタビューを行うトークライブ形式のセミナーを開催します。SDGs目標達成に向け必要となる「共創」について、日本社会、日本企業が取り組めること、求められていることを学べる、企業向けオンラインセミナーです。

■ セミナー内容
・『共創』から考えるこれからのサステナビリティ
≪登壇者≫
日本文学研究者/早稲田大学特命教授/早稲田大学国際文学館(村上春樹ライブラリー)顧問/東京大学名誉教授
ロバート キャンベル氏

≪インタビュアー≫
株式会社トッパンマインドウェルネス 取締役 松井 亜希子

■ 開催概要
【日時】 2022年2月10日(木) 14:00~15:30(予定)
【会場】 オンライン開催
【参加費】 無料(事前登録制)
【申し込み】 https://www.toppan.co.jp/solution/inquiry/sustainable.html
【申込締切】 2021年2月7日(月)12:00まで
【注意事項】 参加希望者が多数となった場合、抽選となる場合があります。個人や同業他社などお断りさせていただく場合があります。今回提供いただく個人情報は、凸版印刷の個人情報保護方針に基づき厳重に管理します。

■ 講師プロフィール
ロバート キャンベル (Robert Campbell)
日本文学研究者/早稲田大学特命教授/早稲田大学国際文学館(村上春樹ライブラリー)顧問
東京大学名誉教授

 ニューヨーク市出身。専門は江戸・明治時代の文学、特に江戸中期から明治の漢文学、芸術、思想などに関する研究を行う。 主な編著に『日本古典と感染症』(角川ソフィア文庫、編)、『井上陽水英訳詞集』(講談社)、『東京百年物語』(岩波文庫)、『名場面で味わう日本文学60選』(徳間書店、飯田橋文学会編)等がある。YouTubeチャンネル「キャンベルの四の五のYOUチャンネル」配信中。
【主な出演番組】
「スッキリ」(日本テレビ系)コメンテーター、「Face to Face」(NHK 国際放送) MC他
【主な編著】
『日本古典と感染症』(角川ソフィア文庫)、『井上陽水英訳詞集』(講談社)、『名場面で味わう日本文学
60選』(徳間書店、飯田橋文学会編)、『東京百年物語』(岩波文庫)、『ピンクはおとこのこのいろ』(KADOKAWA 邦訳)他

 

■ 企業向け情報誌『ideanote®』
 凸版印刷が発行する企業向け情報発信ツールとして2006年に創刊し、2021年2月発刊号は146号になります。毎号様々な社会的課題をテーマとし特集し、凸版印刷とお客様との共創による事例を取り上げて、企画・開発の背景や経緯など一歩先を行く取り組みを紹介しています。

開催日時
2022/02/10
開催時間
14:00~15:30
登壇者
ロバート キャンベル (Robert Campbell)
日本文学研究者/早稲田大学特命教授/早稲田大学国際文学館(村上春樹ライブラリー)顧問
東京大学名誉教授
主催
凸版印刷株式会社
配信方法
オンライン 無料

最新情報News

行政DXセミナー 自治体におけるデータ活用の課題と実践例

開催日時
2022/05/25
開催時間
10:30~12:00
登壇者
庄司 昌彦 様  武蔵大学社会学部教授
大屋 誠  ヤフー株式会社 データソリューション事業本部パブリックエンゲージメント部
兵藤 安昭  ヤフー株式会社 データソリューション事業本部パブリックエンゲージメント部
主催
ヤフー株式会社
配信方法
Zoom 無料