「口福の源~食料」「萌え断」に注目

「萌え断」のフルーツサンドと笑い顔のようなマリトッツォ(筆者撮影)

 久しぶりにイタリア生まれのスイーツがブームになっている。名前は「マリトッツォ」。ティラミスやパンナコッタほど覚えやすくないのが難点だが、今年の2月頃からまず京阪神で人気が出て、5月には全国的に知られるようになり、あっというまにコンビニやスーパーでも扱われるほど普及した。

 マリトッツォの語源はイタリア語で夫を意味する「マリート」で、かつて指輪をなかに隠して未来の妻に贈る習慣があったとか、労働で疲れた夫のため妻が用意したとか由来には諸説があり、起源は古代ローマ時代にさかのぼるという。

 その正体は、甘い菓子パン。首都ローマのあるラツィオ州を中心にイタリア中部で作られ、土地によってレシピや形が変わるが、全体にふわふわと軽くて弾力があり、蜂蜜やレーズン、松の実を練り込むこともあるリッチなパンである。

 日本でいま広まっているのは、ローマスタイル。具を練り込まないプレーンなパンにクリームをサンドしたものだ。イタリアでは朝から甘いお菓子を食べる人が多く、マリトッツォとカプチーノはローマっ子が大好きな朝食メニューである。クリームの量が多いため、カロリーはかなり高い。

 ローマではコッペパン形と楕円形が多いのに対して、日本では真ん丸パンの横に切れ目を入れて生クリームをパンパンに詰め、上に粉砂糖をふるのが定番になった。こうすると大きな口で笑っているように見えて、コロンとした姿が実にかわいい。

 よく考えると単純な組み合わせの菓子パンだから「生クリームサンドとどこが違うの?」と突っ込みたくなるが、なによりSNS映えがすること、加えてイタリアからやって来たというおしゃれ感が、急速にブーム化した理由だろう。

 また、単純なだけにパンもクリームもアレンジがしやすく、店ごとの独自性が出しやすい。実際に、メロンパンやシフォンケーキを使ったもの、マスカルポーネチーズやカスタードでコクを出したり、フルーツで風味付けしたりしたクリームが登場している。クリーム部分に果物をトッピングするのも盛んだ。ベーカリーにとってはブリオッシュやスイートロールなど、すでにあるパンを活用できて便利な商品でもある。

 もうひとつ、SNS映えでブームになっている菓子パンが「フルーツサンド」である。従来は食パンの両面に生クリームを塗り、薄切りの果物(イチゴ、バナナ、缶詰のモモなど水分が少ないもの)を並べて挟むもので、繊細で上品なサンドイッチだったが、現在ブーム中のものはまったく違う。果物の断面が丸ごと見えるくらい分厚くて、迫力満点なのが特徴だ。

 食べ物の美しい断面は「萌(も)え断(だん)」あるいは「断面萌え」と呼ばれ、SNSで注目が集まりやすい。数年前に流行した「おにぎらず」もそのひとつで、真横から見ると映えるマリトッツォも仲間だといえる。なかでも代表的な萌え断がサンドイッチ全般で、とくにフルーツサンドは華やかさで群を抜いている。

 SNS全盛の今日では見た目のインパクトが強いことが流行の必須条件になった。ただし、やりすぎは禁物。味のバランスや食べやすさを無視して極端に走らないでほしいと思う。

(食文化研究家 畑中 三応子)

 

(KyodoWeekly8月2日号から転載)

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ