「風まかせ 筆まかせ」せめてハイフンでつなげたら 「夫婦別姓」衆院選でも論点に

写真はイメージ

 たとえば青森銀行とみちのく銀行が経営統合する際に、全店が「青森銀行」を名乗ることになったら、みちのく銀行の人はどう思うだろう(逆の場合も)。対等な関係と説明されても、そうは見えないに違いない。

 「選択的夫婦別姓」を願う人たちの訴えが退けられた6月23日の最高裁決定。結婚30年、仕事では旧姓を使用し、今度こそ法整備をと期待していた私も、その日はがっくりしてスーパーで夕飯の食材を決められずに立ち尽くしてしまった。同世代友人(プライベート複雑)は、職場で若い男性同僚から「女の人は相手の姓になるのが幸せなんじゃないんですか」と無邪気に聞かれたそうだ。脱力するけど、ちゃんと答えないとね。「そういう人もいるけど、自分の名前を失いたくない人もいる。だから、どちらか選べるようにしてほしいだけなんですよ」と。

 6年前の最高裁大法廷判決が「旧姓を通称として使用すれば、改姓の不利益は一定程度緩和できる」としたため、政府は通称使用拡大路線に。マイナンバーカードや住民票、運転免許証に旧姓が記載できるようになったが、税金や健康保険はもちろん、メルカリの本人確認すら旧姓は使えない(何のためのマイナンバーなんでしょう)。パスポートのICチップにも記載されないので、よく外国に行く旧姓使用者は大変不自由とのこと。せめて旧姓をハイフンでつなげないものか。

 国会での議論を加速するため、地方議会から意見書を出すよう活動してきた市民グループ「選択的夫婦別姓・全国陳情アクション」事務局長の井田奈穂さんは、最近もう一つのアプローチとして、企業・団体の経営者、役員らビジネスリーダーの署名を集めている。女性のキャリア形成や会社経営に、結婚改姓はやっかいな手間でしかない。

 秋の衆院選での各党の公約が注目されるが、自民党は「衆院選が終わってから本格的に議論したい」と争点化を避ける見通しだ。井田さんは「賛否表明しない議員が多い自民党には、批判が起き、衆院選で勝てない例が増えるのでは」とみる。

 銀行なら、二つの名前をつないだり、まったく新しい名前をつけたりできる。航空業界で経営統合する「エア・ドゥ」と「ソラシドエア」は、それぞれのブランド名を維持する。両社社員のほっとする気持ちを、想像してみてほしい。

(共同通信東京支社長 飯田 裕美子)

 

 (KyodoWeekly7月26日号から転載)

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ