「言の葉の森」コロナ禍のことばを読む

 突如私たちの目の前に現れた新型コロナウイルスは、この社会の日常をすっかり変えてしまいました。それは校閲記者にとっても同じで、ウイルスとともに使われる頻度が増えたことばと日々たたかっています。いくつか実例をご紹介します。

 まずは、前記の「たたかう」の表記を見てみましょう。一般的にウイルスなど「病気とのたたかい」の際には闘病を表す「闘」が用いられます。ただ「コロナとのたたかい」の場合、闘病している当事者だけではなく、ウイルスとの世界・社会規模の「戦争」だと解釈することもできます。そのため「闘い」「戦い」どちらを使っても差し支えありません。

 次は「しゅうそく」について。この語はコロナ発生以降、特に爆発的に「拡大」しましたが、「収束」と「終息」どちらの表記もよく目にします。

 辞書を見てみると、収束は「おさまりをつけること」、終息は「事がおわって、おさまること」(いずれも広辞苑第7版)。「事態を収束させる」のように、感染拡大を人為的にある程度まで抑え込むことを表すのであれば「収束」、「流行が完全に終息した」など、流行が終わったのなら「終息」といった具合に、両者でニュアンスに違いがあります。

 そのため記事中でも「東京五輪はコロナの世界的感染拡大の終息(ないしは開催可能と判断できるほどの『収束』)が大前提だ」のように書き分けており、一方に「収束」させるのは難しそうです。「しゅうそく」に頭を悩ませる日々が早く「終息」しますように。

 三つ目はマスクを「つける」です。毎日新聞では表記を取り決めておらず、「付ける」「着ける」のどちらも使えます。

 ただ「着用」との結びつきからか「着ける」派が大勢のようです。何かを加える動作を表す「付」に対し、その結果離れない状態を「着」は意味するため、ぴったりと顔に「密着」したマスクについては「着」が好まれるのかもしれません。

 ここまで取り上げた三つはどちらかに「収束」できず、若干歯切れの悪いコラムになっていますが、コロナにまつわる「気をつけたい表現」にも触れてみます。

 その一つが「感染が発覚する」というフレーズです。発覚とは「隠していた悪事・陰謀などが明るみに出ること」(大辞泉第2版)。感染したこと自体はマイナスの出来事ですが「悪事」ではないため、「感染が判明する」などに直した方がよいでしょう。感染の事実をひた隠しにしていたのなら、話は別ですが。

 そして最後にタイトルにもご注意を。「コロナ渦」ではなく「コロナ禍」です。

(毎日新聞社 校閲センター 佐原 慶)

 

(KyodoWeekly7月6日号から転載)

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ