「言の葉の森」「御の字」ラインをどこに引く?

 「70点取れれば『御(おん)の字だ』」―どう受け取りますか?

 私たち校閲センターが運営しているサイト「毎日ことば」でこのように聞いてみたところ、「御の字」を「大いに満足だ」と解釈した人と「とりあえず合格だ」と受け取った人が同数程度との結果になりました。「御の字」の意味を「大いにありがたい」と捉えた人が36・6%、「一応、納得できる」と理解した人は49・9%との文化庁世論調査(2018年度)を受け、同じ質問をしてみたのです。

 今日では「損しなかっただけ御の字だ」のように、「とりあえず合格だ」という意味で「御の字」が使われる例が増えています。冒頭のケースでは発言者が「70点」を秀逸と捉えているのか及第点としているのか定かではないですが、後者だと解釈する人が多数派になりつつあります。

 ただ辞書で「御の字」を引くと、「(『御』の字をつけるほど丁重に扱うべきの意から)①最上のもの。極上のもの。結構なもの。②ありがたい、しめたなどの意」(広辞苑)、「①特にすぐれたもの。また、そのような人。②非常に結構なこと。きわめて満足なこと」(日本国語大辞典)と記されています。

 つまり、尊敬の接頭語「御」の字をつけたくなるほど素晴らしい、ありがたいもの(人)というのが本来の意味だということになります。

 では「とりあえず合格だ」は誤用なのかというと、そうとも言えません。「大辞林」は最新の第4版で「近年『満足ではないが一応納得できる』の意で用いられることがある」と説明しています。使われ方の変遷を踏まえ、第3版まではなかった記述を加えて双方の意味を紹介しているのです。

 「御の字」の意味が揺らいでいるのは、その原義を「誤解」した人が増えたというよりは、ことばの捉え方が変わってきたことが背景にあると言えるかもしれません。昨今では「御礼」「御中」など「御」が一種の定型句となっており、最上のものでなくても「御」が使われることがあります。

 たとえ「御」に届かない水準だとしても、相手や対象物への敬意やねぎらいを表現するために「御」をつけたいという発言者の意識が反映されているのでしょう。それに呼応して「御の字」のニュアンスも次第に「軽く」なり、「御の字」をつけたくなるラインが「とりあえず合格だ」のレベルまで下がってきているのかもしれません。

 さて、今回のコラムの出来はいかがでしたか。もし「御の字」と言っていただけるようなら幸いです。「本来の意味」で受け取るのはさすがにずうずうしいでしょうか。

(毎日新聞社 校閲センター 佐原 慶)

 

(KyodoWeekly3月2日号から転載)

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ