「漫画の森」球場への愛と哀切

 熱中と熱狂は、時として理屈を超えた説得力を生む。そう実感させてくれるのが「球場三食(きゅうじょうさじき)」(全4巻、渡辺保裕/講談社)だ。本作は、野球をこよなく愛する主人公が各地の球場を巡り、場内グルメや観戦ノウハウを紹介する作品である。とはいえ、実用的なガイド本とは熱量において明らかに一線を画している。

 主人公、日下昌大(くさか・まさひろ)は、プロ野球全12球団のファンクラブに入会している観戦の猛者だ。彼は自ら定めた「野球規則第3条4項」により、「野球観戦日の食事は3食すべて球場内で調達する」と決めている。この頑固な内規が作品タイトルのゆえんである。第1回の明治神宮球場編では、「朝食」に辛みそラーメン、「昼食」に焼き鳥と揚げ物、「夕食」に山盛りソーセージを選ぶ。事前練習を見るため早めに入場しているとはいえ、試合終了までの時間にこれらフードをビールのお供に食べまくる彼の体調が心配ではある。案の定、2巻では健康診断の好結果に「DL(故障者リスト)入りは免れた」と涙を流し喜んでいる。各話の末尾には球場の基本情報と見取り図を明記。作者自身が語るように、これはグルメ本ではなく球場が主役の作品だ。

 関東在住設定の日下だが、スタジアムあるところには(国内に限り)まめに足を運ぶ。ただ最初の遠征先がカープのマツダスタジアムなのは理解できるとして、2回目は今はなき藤井寺球場の跡地という変化球だ。日下が近鉄バファローズのファンであったことがここで明かされる。同球場のラストゲームの日に併せ、「月命日」に手を合わせに来たのだ。

 一時パ・リーグに吹き荒れた球団再編の嵐に触れた回はさすがに切ない。阪急や南海に比べメモリアルが少ない近鉄に「嘆くのにも疲れた」と、たたずむ日下の穏やかさが胸にしみる。福岡ヤフオクドームの回では、西鉄ライオンズの身売りと本拠地移転に動揺するファンの落書きを描いたわずか1コマが目に残る。

 とはいえ、福岡はかつて南海だったホークスをその地に迎え今に至る。野球ファンはそう長くしおたれていないのだ。病膏肓(やまいこうこう)の日下に匹敵する観戦上級者が、各地で登場するのも楽しい演出で、特に女性キャラの存在感は圧巻。「今季はわが軍の歴代『背番号1』(ミスタースワローズ)を追いかけようかと」などと言って独立リーグまで足を運ぶヤクルトファンの「つばみ」。マツダスタジアムで制服の上にユニホームをはおり、「(うちは)セイヤの覚醒を見抜いとった」と豪語する女子高校生。出張ついでにヤフオクドームで観戦し「野球はボールそのものが点を挙げるわけではなく選手のムーヴを得点と見なしているのね」と的確な分析を披露する女性会社員。

 球団本拠地は12カ所なのに全20話あるのは、2軍球場やキャンプ地まで足を運んだ回があるからだ。取り上げる順番は精妙に考慮されたのだろう。第1回を神宮球場と定めたのは、「東京ドームから始めていたら、この漫画のニュアンスが出せなかった」からだという。最終4巻で、満を持して甲子園球場が登場する。しかも、夏の高校野球とプロ野球の2本立てという豪華さだ。ラストは「未来にふさわしい球場」との思いを込めて横浜スタジアムが締める。名残惜しいところで潔く切るのも「未来」を感じさせるためか。できれば、日下の「野球規則」のすべてを作中で見たかったと思う。

(漫画愛好家 小岩 くぬぎ)

 

(KyodoWeekly8月20日号から転載)


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ