「落語の森」小僧の定吉

 

 落語に登場する小僧さん、名無しのこともあるが大概は「定吉(さだきち)」。「悋気(りんき)の独楽(こま)」「四段目」「七段目」「二階ぞめき」「寝床」「蛙茶番(かわずちゃばん)」「おせつ徳三郎」「無精床」「居酒屋」「茶の湯」「かつぎや」とこの小僧さんいろんな噺(はなし)に登場し、時に大活躍したり、そこまでいかないまでもそこそこ大事な役回りを演じる。

 「悋気の独楽」、先日新宿末廣亭で春風亭正朝師の江戸前のサラっとした高座を見た。元は上方の噺で先代(五代目)桂文枝師は、あの粘った口調でじっくり聴かせてくれた。

 「四段目」「七段目」は忠臣蔵のパロディーで春風亭小朝師が軽やかに演じてくれ、芝居好きで有名だった先代(初代)金原亭馬の助師の小僧も楽しげで、かわいくて良かった。

 「二階ぞめき」の「ぞめき」は、「遊郭や露店を見物して回ること。冷やかし」だそうだ。古今亭志ん生師しか演り手はなかったが「この噺が好きなんです」という立川談志師が友人の落語三遊派宗家・藤浦敦氏に「私の『吉原礼賛』を創って」と頼み、出来上がった作品。吉原ガイドをしながら、楽しげに演じていた。今は、柳家花緑師が演っている。

 「寝床」は、先代(八代目)桂文楽師、三遊亭圓生師、志ん生師、志ん朝師、談志師とそれぞれ楽しめる。番頭さんが店を出てからの身の振り方が各人各様で面白いが、最後は定吉のあの有名な一言「あそこは私の寝床なんでございます」でサゲになる。

 「蛙茶番」は「艶笑噺」のジャンルに入れた時代もあったちょっと艶っぽい噺。小朝師・正朝師の師匠先代(五代目)春風亭柳朝師が威勢よく、スピーディーに演っていた。「和泉祭」だったか「駿台祭」だったか明治大の学園祭に落研の顧問的な立場で出演してくれ、この噺で女子学生をキャーキャー言わせていたのを思い出す。大喜利の際の「墨つけ」の墨に「ハンドクリームを混ぜてみな」と教えてくれた。「落とす時に落ちやすいんだよ」と。

 「おせつ徳三郎」は、なかなか聴く機会がない。前半を「花見小僧」、後半は「刀屋」と分けて演る場合が多く、旦那と小僧のやりとりが笑わせてくれる「花見小僧」だけで聴くことが多い。先日、柳家喬太郎師が通しで演じていた、師らしい「おせつ徳三郎」で楽しめた。

 「茶の湯」といえば、ちょっと前までは先代(三代目)三遊亭金馬師の一手販売だったが、柳家小三治師をはじめ、いろんな噺家さんが演じるようになった。甲府で聴いた立川談幸師、志の輔師がそれぞれに工夫があって、両師とも素晴らしい「茶の湯」を聴かせてくれた。

 「かつぎや」は商家の正月の噺、これに「厄払い」を足すと上方の「正月丁稚(でっち)」になるという。先代(四代目)三遊亭円遊師は「七福神」のタイトルで演っていた。筆者も随分以前から演らせてもらっていて、毎年暮れが近づくと演りたくなる、いかにも「サゲですよ」みたいなサゲを言いたくて。

紫紺亭 圓夢(しこんてい・えんむ)

 

(KyodoWeekly8月6日号から転載)


スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ