「落語の森」懐を取り込む噺

 「エー、我々の方では『お客様の懐を取り込む』ってんで、縁起をかついでよく泥棒の噺(はなし)をいたします」と噺家さんは言いながら、寄席の初日などに「泥棒噺」を演る。

 「泥棒噺」、書き出してみると「出来心」「碁泥」「芋俵」「やかん泥」「穴泥」「締め込み」「もぐら泥」「転宅」「お血脈(けちみゃく)」「鈴ヶ森」「だくだく」「夏泥」「めがね屋盗人」と結構あって、先代(五代目)柳家小さん師のネタが多い。

 まずは師の十八番「出来心」。「へェ大家さん、この裏も花色木綿」でサゲればタイトルは「花色木綿」。「えェ大家さん、これも出来心でございます」とサゲれば「出来心」。師があの風貌でボソっと言うと何ともいえないおかしみがあった。「それが親分の前ですが大笑い」というフレーズが何度か繰り返されるが、その都度こちらが大笑い!

 「碁泥」も小さん師のものが良かった。大の碁好きの泥棒が入った家では囲碁の真っ最中。我慢しきれずに思わず「そこへ打っちゃもったいない!」「うるさいな、誰だい、お前さんは?」「泥棒です」「泥棒さんか、いやァよくおいでだねェ」とほのぼのとした空気が流れる。

 「芋俵」は小さん師の小僧さんが可愛い。「夏泥」は端正な芸風で知られる先代(八代目)桂文楽師も演っていた。この噺の泥棒は、お人よしで入った家の主に金をせびられる。

 他にも文楽師、「やかん泥」「穴泥」「締め込み」などもよく演っていた。

 小さん師の兄弟弟子だった先代(六代目)蝶花楼馬楽師が古風に仕草もたっぷりと演っていたのが「もぐら泥」。「転宅」は先代(三代目)三遊亭金馬師、柳家小三治師、桃月庵白酒師か。だまされる泥棒がどうにも気の毒でこの噺、好きになれない。

 「お血脈」は立川談志師でよく聴いた。そのお弟子さん、志の輔師のも文句なしだ。

 「鈴ヶ森」は、40年も前に紀伊國屋ホールでの「談志ひとり会」を聴きに行った際「今、談十郎が演った『鈴ヶ森』、これは大阪の噺でね、向こうだと『崇禅寺馬場』といってね」と解説をしてくれたのを覚えている。談十郎は、現落語立川流代表の土橋亭里う馬師。筆者もこの噺を演るべく夏に向けてただ今、仕込中!。

 余談だが、談志師の盟友、先代(五代目)三遊亭圓楽師がテレビ番組「笑点」で「君は泥棒だ!だってボクの心を盗んだじゃないか」とよく言っていたのを思い出した。

 「だくだく」を昔誰だったか、よく演っていた噺家さんがいた。誰だったんだろう。亡くなった父がこの噺で繰り返される「・・・したつもり」を、飲んでゴキゲンなときによく言っていた。

 二代目柳家三語楼師にシャレた逸話がある。「ダクダクと血が出たつもり」とサゲを言って降りようとしたら客が「面白かったつもり」、すかさず三語楼師「客にウケたつもり!」。

 そこで筆者も「今号は、すばらしい名文を書いたつもり!」 

紫紺亭 圓夢(しこんてい・えんむ)

 

(KyodoWeekly5月7日号から転載)


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ