社会・文化

「落語の森」食べ物あれこれ(ハ行)

2021年1月13日
 「日和(ひより)違い」という噺(はなし)のサゲ近くに鰤(ぶり)が出てくる。「きょうは、降る天気じゃァない」と「きょうは降る、天気じゃァない」の違いだけでもたせる、というたわいない噺。このバカバカしい噺をその昔、先代(四 … 続きを読む

「本の森」新版 絵はがきにされた少年

2021年1月13日
藤原 章生 著 ●276ページ ●柏艪舎(はくろしゃ)(税別1700円)   事実の一人歩きに警鐘    新聞などで報じられるアフリカの姿といえば、「貧困」や「難民」「紛争の爪痕」、あるいは「感染症」などのキー … 続きを読む

「口福の源~食料」海産物のオンパレード

2021年1月5日
 兵庫県姫路市の南西約18キロ、瀬戸内海東部の播磨灘に浮かぶ家島諸島は、東西26・7キロ、南北18・5キロにわたり大小40余りの島々で構成される諸島である。  このうち、人が住んでいる島は、家島、坊勢島(ぼうぜじま)、男 … 続きを読む

「風のたより~地域経済」住民が守る宿場の街並み

2021年1月5日
 鉄道を乗り継いでたどり着いた晩秋の奥会津は、紅葉が盛りでした。今回の旅の目的は、福島県下郷町の大内宿という江戸時代の宿場町の面影をとどめる集落で、かやぶき屋根と街並みの保全に取り組んでいる住民組織「大内宿保存会」の活動 … 続きを読む

身近になった「代替肉」 タンパク質が足りなくなる?

2021年1月5日
 いよいよ「代替肉」が身近な食べ物になってきた。「フードテック」という用語も、耳にすることが多くなっている。食(フード)と科学技術(テクノロジー)を合わせた造語である。  欧米では先端テクノロジーを駆使した食料生産と食品 … 続きを読む

「風のたより~地域経済」ごみ拾い・雪かきを楽しむ方法

2021年1月5日
 人口減少、高齢化の進展とともに、地域の草取りやごみ拾い、雪かきなどの活動の担い手不足が各地で課題となっている。街なかであれば行政がごみ収集や除雪などを行うこともある。だが、自治会などで作業してきた地域では、シルバー人材 … 続きを読む

「言の葉の森」○○警察

2020年12月28日
 わたしは今年のはじめにこの欄で、新語・流行語について取り上げました。「今夏には東京五輪・パラリンピックという大きなイベントがあります」とし、2020年の新語は、後々振り返った時に楽しめるはずだと書いたのです。  その時 … 続きを読む

「口福の源~食料」見た目は地味だが…

2020年12月28日
 クリスマスケーキ商戦が佳境に入っている。今年は家でちょっとぜいたくに祝う人の増加が予想されるためか、有名ホテルやデパート、洋菓子店は、例年に増して豪華さを競っているようだ。  予約は10月に始まり、インターネットとカタ … 続きを読む

「口福の源~食料」ワイン選びという冒険

2020年12月28日
 日々の生活の中で、私たちはたくさんの「選択」をしているが、「ワイン選び」は、ハードルが高く、そもそも選ばない、という方はまだまだ多いだろう。  どう選べばよいのか。どうレストランでオーダーすればよいのか。  値段、味わ … 続きを読む

「風のたより~地域経済」オガールの紫波町、新たな挑戦

2020年12月28日
 岩手県の中部に位置する紫波町(しわちょう)といえば、「稼ぐインフラ」といわれる、オガールプロジェクトで有名だ。役場と民間が連携して行った事業で、全国からの視察が絶えない。  地元で建設会社を営んでいた岡崎正信は、紫波町 … 続きを読む

制度のもろさが浮き彫りに コロナ禍の技能実習生問題

2020年12月28日
 労働力不足を背景に、外国人労働者は年々増えている。厚生労働省によると、2019年10月の外国人労働者数は過去最多の約166万人。中でも製造業、建設業、農業の分野は技能実習生の存在に負うところが大きい。しかし、パワハラや … 続きを読む

TOKYO東京トウキョウ~移ろいゆく光と影

2020年12月23日
[第20回] 「塀の向こうの渋谷」 撮影者:鳥飼祥恵=2020年10月21日、栃木県足利市   (KyodoWeekly11月23日号から転載)

「落語の森」冬の噺―その3

2020年12月23日
 冬の噺(はなし)に、お金にまつわる噺が少なからずあるのは、そう! 年末・大みそかが控えているから。  積もり積もった借金の工面と、借金取りへの言い訳に江戸の市井の人々がドラマを見せてくれる。  暮れ近くに先代(五代目) … 続きを読む

「口福の源~食料」宇宙を駆けるしょうゆ

2020年12月23日
 スペースシャトルの退役から9年、いよいよ後継の有人宇宙船クルードラゴンが打ち上げられました。宇宙航空研究開発機構(JAXA)の宇宙飛行士野口聡一さんも、この記念すべきミッションにクルーとして搭乗しています。  今回、野 … 続きを読む

「風のたより~地域経済」豪雪地帯の米と水が育む米焼酎

2020年12月23日
 「球磨(くま)焼酎」とも呼ばれる米焼酎の芳醇(ほうじゅん)さを知ったのは10年前、熊本支局に赴任してからだ。熊本・球磨地方特産の米焼酎を、福島県西端の山あいの地で造っていると聞き、蒸留所を訪ねた。  新潟県境の只見町。 … 続きを読む

「映画の森」コロナ下で相次ぐ長時間映画

2020年12月23日
 7月に公開された大林宣彦監督の遺作「海辺の映画館―キネマの玉手箱」(179分)に続いて、テレビドラマを再編集し、今年のカンヌ映画祭で「オフィシャルセレクション」に選出された深田晃司監督の摩訶(まか)不思議な恋愛映画「本 … 続きを読む

「漫画の森」しなやかな生命力を堪能

2020年12月15日
 10月に「OL進化論」(秋月りす/講談社)の最新42巻が刊行された。連載開始は1989(平成元)年。制服姿の女性会社員が当たり前に「OL」と総称されていた時代だ。彼女らの日常を中心に描くほのぼの系4コマコメディーで、年 … 続きを読む

「本の森」清水幾太郎

2020年12月15日
庄司 武史 著 ●432ページ ●ミネルヴァ書房(税別3500円)   振り幅が激しい人物伝    社会に出て任地に向かう列車の中で清水の本を読んで、えらく感心したことがある。その本「流言蜚語」を開くとボールペ … 続きを読む

「風のたより~地域経済」暮らしに寄り添うデザイン

2020年12月15日
 コロナ禍の飲食店を支援するためスマホアプリを使って先払いする「さきめし」。使ったことはなくても、聞いたことがある人は多いだろう。このアプリを開発したのは福岡のIT企業Gigi株式会社だが、同社に「さきめし」のアイデアを … 続きを読む

「自著を語る」時代を逆手に、攻めに転じる

2020年12月15日
 京都市に本社がある、精密機器大手・島津製作所。約20年前、同社社員がノーベル化学賞を受賞するなどで知られる。実は創業時は仏具を扱っていた。僧侶で宗教関連の著作が多い鵜飼秀徳さんが、歴史に翻弄(ほんろう)されながらも、し … 続きを読む

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ