社会・文化

「風のたより~地域経済」ポスト・ベッドタウン

2020年4月8日
 東京の郊外、日野市のUR多摩平の森はJR中央線豊田駅から数分のところにある団地だ。スーパーや図書館、医療・介護施設を擁する利便性に加え、雑木林のたたずまいを残すこの地区は、散歩していて実に心地がよい。天気が良い日には散 … 続きを読む

「サブスク」利用、サザンを聴く 外出見合わせのムードの中で

2020年4月8日
 あちらは中止、こちらは自粛、公立の小中高校は臨時休校…。1月には「対岸の火事」だった新型コロナウイルスの感染は日本中に広がった。「外出見合わせ」のムードが続く中、自宅などでネットでは聴けないミュージシャンの代表格だった … 続きを読む

「本の森」「絆」を築くケア技法ユマニチュード

2020年4月6日
大島 寿美子 著 ●224ページ ●誠文堂新光社(税別1800円)    認知症で反応がなかった人が笑顔になり、寝たきりだった人が起き上がる。そんな結果をもたらすというフランス発のケア・コミュニケーション技法「ユマニチュ … 続きを読む

「口福の源~食料」日本食はバランス

2020年4月6日
 冬の間に鍋を食べた方も多いのではないでしょうか。鍋料理は肉や魚、野菜、キノコなど、体が温まるだけではなく、寒さに耐えるための栄養も取れるバランス食でもあります。  ちなみに鍋に入れる肉は何ですか? 牛肉、豚肉、鶏肉でし … 続きを読む

応援市民制度で街づくり 富山県南砺市「関係人口」創出

2020年4月6日
 東京一極集中化は日本が直面している大きな課題だ。地域への移住・定住施策を柱とする地方創生の限界も見えてきている。こうした中、“観光以上、移住・定住未満”という概念である「関係人口」に注目が集まっている。富山県南砺(なん … 続きを読む

石巻を舞台にした人間模様描く 〝絆〟に嫌悪の高校生が主人公

2020年4月6日
 新型コロナウイルスによる肺炎拡大の収束の兆しが見えない。そのような状況を受け、3月11日に都内で政府主催の東日本大震災追悼式も大幅縮小し開催される予定だ。あれから9年が経過した。「あの日」以降を生きる一人一人に深度の違 … 続きを読む

「陸海空の現場~農林水産」訃報にみる報道落差

2020年4月4日
 農業経済学者の今村奈良臣(いまむら・ならおみ)東大名誉教授が2月28日に亡くなった。85歳。「6次産業化の提唱者」として知られるが、それは業績のほんの一角にすぎず、人間性やメッセージの発信力にも大きな魅力があった。   … 続きを読む

「口福の源~食料」〝地産地消の極限〟

2020年4月3日
 広島県瀬戸内海沿岸部のほぼ中央に位置する竹原港、ここから南に約10キロメートル、フェリーで約30分の海上に大崎上島(おおさきかみじま)がある。  ミカンやレモンなどのかんきつ類の栽培が盛んで、小津安二郎監督の「東京物語 … 続きを読む

「言の葉の森」「御の字」ラインをどこに引く?

2020年4月3日
 「70点取れれば『御(おん)の字だ』」―どう受け取りますか?  私たち校閲センターが運営しているサイト「毎日ことば」でこのように聞いてみたところ、「御の字」を「大いに満足だ」と解釈した人と「とりあえず合格だ」と受け取っ … 続きを読む

「日本一の境地なり」

2020年4月3日
 「抑(そもそ)も大坂は、凡(およ)そ日本一の境地なり」。織田信長の一代記「信長公記」中の言葉である。信長は10年以上、現在の大阪・上町台地にあった石山本願寺を攻め続けた。「信長公記」には、大坂は奈良・堺・京都に近く、大 … 続きを読む

TOKYO東京トウキョウ~移ろいゆく光と影

2020年4月2日
[第11回] 「富士山」 撮影者:鳥飼祥恵=2020年2月8日、東京都渋谷区   (KyodoWeekly2月24日号から転載)

トンネル歩きツアーが首位 鉄旅オブザイヤー

2020年4月2日
 優れた鉄道旅行を表彰する2019年度の「鉄旅(てつたび)オブザイヤー」が2月5日発表され、新潟県の第三セクター鉄道、北越急行で定期列車の運転終了後にトンネルを歩くツアーが最高賞のグランプリに輝いた。  準グランプリは、 … 続きを読む

「風のたより~地域経済」ケチはエコより強し!

2020年4月2日
 ここ数年、冬になると豆炭あんかと火鉢を使っています。  豆炭あんかは、火のついた豆炭を入れた15センチ四方の箱型の暖房器具です。持ち運びができ、膝に乗せたり、手を置いたりして身体を直接温めることができます。しかも、豆炭 … 続きを読む

2月の映画【拡大版】

2020年4月2日
 今年の米アカデミー賞では、韓国映画「パラサイト」が大きな話題を集めた。作品の魅力に加え、同賞を取り巻く変化についても解説した。(編集部)  ★は五つ星が満点。映画製作の現場を長年取材している筆者の独断と偏見に基づき評価 … 続きを読む

「風のたより~地域経済」アイドルは職人さん

2020年3月17日
 2年前まで私が勤務していた新潟・燕三条には、地域ニュース限定の日刊紙「三條新聞」がある。昨年秋、1面トップで、職人さんのカードができたと報じられた。小学生が交換して遊ぶカードのような仕様で、表は、真剣な表情で作業をして … 続きを読む

「落語の森」春の噺

2020年3月17日
 まずはにぎやかに「愛宕山(あたごやま)」、先代(八代目)桂文楽師の熱演が目に浮かぶ。傘を差して山から飛び降り、小判を拾おうとする幇間(たいこもち)・一八(いっぱち)の必死さが笑えるし、涙ぐましい。動きがあって楽しめ、何 … 続きを読む

「漫画の森」「勝ち」の意味

2020年3月17日
 「友情・努力・勝利」のスローガンが示すように、少年漫画において「勝ち」は重要な意味をもつ。いつまでも負けない主人公に引きずられ敵も強大化の一途をたどり、地球外規模に達することもある。それほど避けたい敗北をあえて描きなが … 続きを読む

「陸海空の現場~農林水産」農地所有適格法人の課題

2020年3月17日
 農業には一個人としても参入可能であるし、また農事組合法人や株式会社として参入することも可能であり、その参入形態にはさまざまなタイプが考えられるが、近年増加する営農形態の一つとして農業法人が挙げられる。農業法人とは「法人 … 続きを読む

「口福の源~食料」肉ブームに陰りも

2020年3月17日
 2013年前後から“空前”の肉ブームが続き、熟成肉や赤身肉などが人気を集めてきた。ところが最近、菜食関連の話題がメディアで急に目立つようになり、さすがの肉ブームに陰りが見えてきた。  理由は、大きく二つある。一つは、環 … 続きを読む

「陸海空の現場~農林水産」大詰め迎える食料・農業・農村基本計画

2020年3月17日
 新たな「食料・農業・農村基本計画」の策定が大詰めを迎えている。農林水産相の諮問機関が2月に骨子案をまとめ、3月下旬に閣議決定する予定だ。  今のところ議論は盛り上がりに欠けているが、基本計画はほぼ5年ごとに見直す農業政 … 続きを読む

スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ