社会・文化

ファクトと報道読み分ける目を

2021年5月7日
 誉田哲也(ほんだ・てつや)氏のサスペンス小説「主よ、永遠の休息を」(中公文庫)にこんな一節がある。通信社の若手記者である主人公に、直属のキャップがさとすシーンだ。  「報道に必要なのはな、少なくとも、真実や真相じゃねえ … 続きを読む

「口福の源~食料」「日本遺産」笠岡諸島の味

2021年5月7日
 岡山県南西部の笠岡市にあって、南は香川県、西は広島県に接し、大小約30の島々が南北に帯状に点在しているのが笠岡諸島だ。  そのうち、高島、白石島、北木島、真鍋島、大飛島(おおびしま)、小飛島(こびしま)、六島(むしま) … 続きを読む

TOKYO東京トウキョウ~移ろいゆく光と影

2021年5月7日
[第24回] 「止まれ」 撮影者:鳥飼祥恵=2021年2月16日、東京都杉並区   (KyodoWeekly3月22日号から転載)

3月の映画

2021年5月7日
 ★は五つ星が満点。映画製作の現場を長年取材している筆者の独断と偏見に基づき評価した。 「ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実」(3月5日公開)★★★ 1人の人間が他者に与える影響力の大きさ  1999年、空軍省 … 続きを読む

「陸海空の現場~農林水産」持続可能な漁業目指し

2021年5月7日
危機的な海    現在76億人を数える世界の人口は、2050年には96億人に達すると試算されている。  今後水や食料の不足が世界中で加速し、争奪戦になることが確実視されるなか、食料自給率が37%(カロリーベース … 続きを読む

被災3県の復興状況考える 過去10年間の人口移動から

2021年5月7日
 今年3月11日、東日本大震災が発生してから10年の節目を迎えた。東京電力の福島第1原子力発電所の事故処理や除染に関しては、いまだ終わりが見えない状況にあるが、それ以外の被災地域では、ゆっくりとではあるものの、被災の傷痕 … 続きを読む

「口福の源~食料」春到来、花を食す

2021年4月30日
 今年もはや3月弥生(やよい)になり春の訪れを感じます。朝の通勤で小さな変化がありました。車窓から眺める江戸川の土手が菜の花の黄色に染まり始めました。 そういえば先日は、菜の花のおひたしが夕食に登場しました。菜の花が食用 … 続きを読む

「落語の森」「橋」にまつわる噺

2021年4月30日
 「文七元結(ぶんしちもっとい)」「唐茄子屋政談(とうなすやせいだん)」「双蝶々(ふたつちょうちょう)」「佃祭り」などの舞台が吾妻(あずま)橋、なぜか身投げの名所?「文七元結」では、身を投げようとする文七を左官・長兵衛が … 続きを読む

「風のたより~地域経済」公益的組織のあるべき姿

2021年4月30日
 風光明媚(めいび)で名高い三重県の伊勢志摩国立公園に隣接する丘の上に、志摩市民病院はあります。  この病院は、いまでこそ地域になくてはならない存在となっていますが、数年前まで赤字体質の上、スタッフと患者の減少の悪循環で … 続きを読む

新・戦略思考の広報マネジメント 話題づくりから価値づくりへ

2021年4月30日
 企業広報戦略研究所(電通PR内)では、2015年に発刊し、反響を呼んだ書籍「戦略思考の広報マネジメント」が発刊から5年を経て、2020年12月に続編となる新刊「新・戦略思考の広報マネジメント」(日経BP社)を発行した。 … 続きを読む

「漫画の森」時に、名は体をあらわさず

2021年4月21日
 漫画のタイトルは「名は体をあらわす」系が多数派だが、中にはタイトルが与える印象を熟知した上で、読者をミスリードし、楽しんでいるのでは、と思える作品がある。  「夏目アラタの結婚」(既刊4巻、乃木坂太郎/小学館)は悩める … 続きを読む

「口福の源~食料」「スーパーフード」効果で普及

2021年4月21日
 ある食べ物が普及したり流行したりするのに「体にいい」は大きな要因になる。たとえば赤ワインはアルコール飲料で、チョコレートは高カロリーなのにもかかわらず、ともに健康に役立つとされるポリフェノールを豊富に含んでいることがブ … 続きを読む

「風のたより~地域経済」「いまココ」の時代

2021年4月21日
 1月に日本にも入ってきたClubhouse(クラブハウス)という音声のSNSアプリが話題になっている。アイフォーンのみアクセスできること、友人からの招待が必要であること、1人が2人までしか招待できないことから、当初利用 … 続きを読む

コロナ禍の若者恋愛事情 密避ける〝出会い〟が全盛

2021年4月20日
 新型コロナウイルスの感染拡大は、飲み会・合コンなどの自粛要請のため、若者たちが直接的に出会う場を多く奪っている。今どきの若者らの恋愛事情について、ライターの福江若菜さんが自身の経験を交え、まとめた。また、少子化問題の専 … 続きを読む

「言の葉の森」歯医者さんで考えた

2021年4月15日
 5年ほど前から通っている歯医者さんがある。院長先生はとても腕がよく、歯科衛生士さんたちはてきぱきとしていて美しく、行くのが楽しい場所だ。でも実は、通い始めた当初からずっと気になっていることがある。  それは、先生も衛生 … 続きを読む

最後のライスボウル

2021年4月15日
 2021年1月3日、正月の風物詩であるアメリカンフットボールの日本選手権「ライスボウル」が東京ドームで開催された。その後、社会人王者と学生王者が日本一を競う現行方式の廃止を日本アメリカンフットボール協会が決定し、結果的 … 続きを読む

TOKYO東京トウキョウ~移ろいゆく光と影

2021年4月7日
[第23回] 「寂しい飛行機」 撮影者:鳥飼祥恵=2021年1月26日、千葉県成田市   (KyodoWeekly2月22日号から転載)

「落語の森」「お寺」にまつわる噺

2021年4月7日
 甲州・身延山(みのぶさん)久遠寺(くおんじ)への参詣途中の新助が元吉原の月の輪(月の兎(と))花魁(おいらん)に鉄砲で撃たれ、身は急流に…というのが名作「鰍沢(かじかざわ)」。かの三遊亭圓朝師の作った三題噺(ばなし)と … 続きを読む

「風のたより~地域経済」風評払拭のけん引役に「福、笑い」

2021年4月7日
 農作業の様子を描いた藍色の手書きイラストのパッケージが印象的だ。福島県が14年かけて開発した高級ブランド米「福、笑い」が昨秋、県内と首都圏で先行発売された。食味アンケートの結果も上々で、今春から本格的な作付けが始まる。 … 続きを読む

「口福の源~食料」神の島の美味なる小魚

2021年4月7日
 滋賀県にあるわが国最大の面積と貯水量を誇る湖、琵琶湖。ここにある有人離島が約1・5キロの沖合に浮かぶ島、沖島である。  面積約1・5平方キロメートルの島の南西部にある集落に約250人の住民が居住している、日本で唯一湖に … 続きを読む

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ