まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

家事時間は増えたけど変わらない家事分担 女性が欲しているのは?

イメージ
イメージ

 長いコロナ禍で非常が日常になりつつあり、生活スタイルは徐々に変化している。中でも、テレワークで在宅の家族が増え、誰が負うにせよ家事負担は重くなっている。だが「30・40代夫婦の家事に関するライフスタイル調査」(パナソニック)によると、在宅勤務になっても家事「分担」の認識はあまり変わっていないようだ。

 関東の1都6県と関西の2府4県に住む30〜49歳既婚者1,346人を対象に、2021年4月16~20日に調査。まず、共働き世帯の在宅勤務率は、コロナ禍1年目の夏(2020年7月)から大きく変わっておらず、男性42.9%、女性30%。一方で1日のうち家事にかけている時間は、男性が平日58.4分、休日72.7分、女性が平日115.5分、休日121.4分で、2020年の調査結果と比較すると、平日では1日に10分前後増加している。

 そこで家事分担比率をみると、男性視点で男性47.1%:女性52.9%、女性視点で男性22.0%:女性78.0%で分担していると感じており、コロナ禍前とこの認識に大きな変化はなかった。現在の「ストレス発散」についての質問には、男性は、コロナ流行開始直後(2020年3月〜7月頃)より現在の方が「ストレス発散できている」が多かった一方で、女性は現在の方が「ストレス発散できていない」の回答が多かった。女性の4人に3人が「ひとりの時間をもっと増やしたい」と回答しており、“ひとり時間”のニーズの高さが垣間見えた。

全国選抜小学生プログラミング大会
オンラインイベントポータル
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ