まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

日本の慣習で決まった日に食べるものランキング発表! 2位は「年始のおせち」だが、1位は?

イメージ
イメージ

 正月に始まり、節分、ひな祭り、端午の節句など、日本には年間を通して数多くの行事があり、慣習に沿った食事を食べる機会も多い。あなたが、毎年、特定の時期に食べる食事は何だろうか。

 リクルート(東京)の外食市場に関する調査・研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」が行っている「トレンド座談会」では、全国の20代~60代の男女1034人を対象としたアンケート調査を実施(調査期間:11月26日~11月28日)。「日本で毎年決まった時期に飲食しているものランキング」を発表した。

 「毎年飲食している」と答えた人がもっとも多かったのは「年越しそば」で66.7%。3人に2人は毎年、年の瀬に年越しそばを食べている計算になる。続いて、「年始のおせち」が55.8%で2位。3位は「クリスマスケーキ」で52.0%と半数以上の人が食べていることが分かった。

 4位には「節分の恵方巻」がランクイン。関西発祥の慣習だが、最近は全国区になりつつあるようだ。そして、5位に「クリスマスチキン」、6位に「土用のうなぎ」、7位に「バレンタインの自分用チョコレート」が入った。「自分用のチョコレート」は、ここ10年ほどで文化になりつつある慣習だが、約4人に1人が毎年食べていることが分かった。

全国選抜小学生プログラミング大会
オンラインイベントポータル
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ