まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

「記憶ない」「ベンチで寝た」「骨折した」 お酒に注意の季節です

main

 ニッポンに限れば小康状態のように見えるコロナ、そして年末年始がやってくるからお酒を楽しむ機会は当然増える。そこでお酒による失敗、しくじりについてカクヤス(東京)がアンケート調査、結果を公表してくれたから、「人のふり見て・・・」気をつけて楽しい年越し休暇を。

 同社のメールマガジンに登録している“酒のみ”ユーザーを対象に、11月22~25日に調査。回収した回答は199と多くはないが、お酒の失敗“あるある”が網羅されている。まず、これまでにお酒を飲み過ぎて失敗したことがある人は実に93%。最も多かったのは「記憶をなくした」、次点が「電車を乗り過ごした」。この二つが飛び抜けて回答率が高く、6割以上の人が経験している。

 ほかにも「気がついたら道ばたで寝ていた」「公園ベンチで寝ていた」「気持ちよくてマンション共用部分で寝ていたが、自分の部屋の前だと思っていたら、ワンフロア下だった」など、ところかまわず寝てしまう人も少なくない。さらに「山手線3周半」や「横浜住まいなのに起きたら西川口だった。豊田、高尾の経験もある」はまだまだかわいいもの。「ベランダから飛び降りて両足のかかとを骨折」「酔っ払って転んで前歯を折り、インプラントになった。100万円以上の出費でした」など、かなり痛い目にあった人もいる。

 失敗した人の59%は「今後は飲み過ぎないように気をつけよう」と反省しているが、「もうお酒は飲みたくない」と頭を抱える人は4%とごくわずか。盛大なしくじりだけはしないように、気をつけながら乾杯を。

全国選抜小学生プログラミング大会
オンラインイベントポータル
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ