まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

つながりを大切にするのは若者たち? 年賀状に積極的な気持ち

main

 最近めっきり書く量が減っている年賀状。でもコロナ禍で人とのつながりを改めて考えるようになった人が多く、特に若い世代の多くが年賀状に積極的な気持ちを持つようになっているようだ。

 10~60代の673人を対象に11月19~26日に実施した「年賀状に関する意識調査」(ぺんてる・東京)によると、年賀状を出す予定という20代のうち70%以上が 「コロナ禍以降、年賀状を書くことに対して積極的な気持ち」になっていた。「会えない時こそ年賀状で思いを伝えられるから」「この一年なかなか会えなかった人にぬくもりのあるあいさつをしたいから」「コロナ禍で人とのつながりの大切さをより感じたから」などが理由として挙がった。

 他の世代で「積極的」な割合をみると、40代以上の世代は20%以下なのに対し、15~19歳、30代は約50%。案外若者世代の方がコロナ禍を経て人とのつながりの大切さを再認識しているようだ。

全国選抜小学生プログラミング大会
オンラインイベントポータル
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ