まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

2021年はまずまずの年だった? PGF生命が「くらしの総決算2021」を公開

イメージ
イメージ

 2021年も残すところあと1カ月足らず。この1年はどうだったのか、今年を振り返ってみるのも悪くない。PGF生命(プルデンシャル ジブラルタ ファイナンシャル生命保険株式会社・東京)は、「くらしの総決算2021」をインターネットで調査(2021年10月26~28日)し、結果を公開した。調査対象は20~79歳の男女で有効サンプル数は2,000人。この調査は、同社が昨年まで6年間、実施してきた「人生の満足度に関する調査」をより進化させたものとなっている。

 まず、2021年がどんな年だったのか100点満点で点数を付けてもらうと、最も多かったのは50点台(23.0%)。以下、70点台(15.0%)、80点台(14.5%)、60点台(13.2%)と続いた。比較的高い点数がボリュームゾーンとなり、それほど悪くないまずまずの年と考える人が多かったようだ。80点以上の高得点を付けた人に限っても、合計で23.8%と約4分の1に達した。

 80点以上の点数を付けた人の割合を見ると、各年代で男性より女性の方が多く、割合が最も高かったのは60~70代女性、最も低かったのは40代男性だった。具体的なコメントを紹介すると、60~70代女性は「不自由なくらしの中でも、日々笑顔で過ごせた」(80点)や「配偶者とともに無事に過ごすことができた」(90点)「弱気になったことはあったが、何事にもくじけることなく、前向きに過ごせた」(98点)といった回答があった。一方、40代男性では「コロナ対策をしながらしっかりと生活できたが、趣味を満喫できずストレス発散に苦労した」(80点)や「コロナ禍で不便なことはあったが、なんとかやりくりできた」(95点)、「健康意識が高まり生活リズムを改善できた」(90点)といった回答が寄せられた。2021年を高得点と評価した人は、さまざまな制限の中でも、気持ちの持ち方や暮らし方・楽しみ方を工夫したり、健康意識を高めたりすることで、高い生活満足度を得られた人が多いようだ。

 次に2021年で最もうれしかったことを聞くと、1位「旅行に行けた」、2位「子どもが生まれた」、3位「子どもの成長を感じた」がトップ3に。最も残念だったことは1位「コロナ禍が続いた」、2位「旅行に行けなかった」、3位「体調を崩した・病気になった」という結果になった。

 そのほか、仕事で起こった変化の1位は「給料が減った」(16.4%)、生活満足度を上げてくれたものの1位が「動画配信サービス」(33.1%)、くらしを明るくしてくれた有名人は、芸能人「明石家さんまさん」(35人)、スポーツ選手「大谷翔平」(704人)などの集計結果も発表された。

 では、2022年に対してはどういう展望を抱いている人が多いのだろうか。全回答者に、来年、実現したい目標を聞いたところ、「旅行」がダントツで1位に。次いで、2位「就職・転職」、3位「ダイエット」、4位「貯蓄」、5位「健康維持・健康づくり」となった。

 2022年は2021年より良くなると思うか項目別に尋ねると、良くなると答えた人は「生活」が35%、「健康状態」は24%、「マネー事情」は26%、「仕事」が30.2%という結果に。一方、良くなると思わない人は「生活」で20.8%、「健康状態」で16%、「マネー事情」が29%、「仕事」は23.8%という結果になった。

 また、パートナー(配偶者・恋人)がいる人(1,241人)に、パートナーとの関係について、2022年は良くなると思うか聞いたところ、「良くなると思う」が38.4%と、「良くなると思わない」の9.2%を大きく上回った。

 2022年は、「マネー事情」以外はおおむね良くなると考えている人が多く、2021年よりさらに明るい展望を持っている様子。誰しもさまざまな問題を抱えているにせよ、新しい年は希望を持って迎えることが大切ということなのかもしれない。

全国選抜小学生プログラミング大会
オンラインイベントポータル
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ