まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

500円硬貨が新しくなるって知ってる? 高い技術なのに認知度が低い!

イメージ
イメージ

 もうすぐ、お札の肖像画が変わるが、500円玉も新しくなることを知っているだろうか? 当初は今年の上半期に発行される予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、この11月に延期された。今年の6月22日に造幣局さいたま支局で「打ち初め式」が行われ、まもなく発行されることになる。

 500円硬貨が初めて登場したのは1982年。それまでは、岩倉具視を肖像画とする500円紙幣が発行されていた。2000年に発行された2代目に続き、今回発行される3代目は、偽造防止技術として、素材に新規技術であるバイカラー・クラッド(二色三層構造)を導入、さらに、縁には新たに「異形斜めギザ」を導入(通常硬貨への採用は世界初)するとともに、縁の内側には新たに微細文字を加工(「500YEN」「JAPAN」と刻印)した。

 そうした中、ゼネラルリサーチ(東京)は全国の20代~60代男女1,080人を対象に、「新500円硬貨とキャッシュレス決済」に関する調査を実施。それによると、新500円硬貨が発行されることを現時点で知らない人が68.3%と、3人に1人が知らず、認知度が低いことが明らかになった。

 知っている人の中でも、偽造防止の技術など、どんな硬貨になるのか知らない人が3割に達し、バイカラー・クラッドによって、2色になることを知っている人は半分程度(45.3%)だった。せっかく世界でも高い技術で製造されながら、興味を持っている人が少ないのは少し寂しい気がする。ちなみに、新500円硬貨について興味がある人は半数(54.5%)にとどまった。

 興味を持っていない人の中で、キャッシュレス決済を理由に挙げる人が目立ったが、キャッシュレスが進む中での新500円硬貨は、果たして存在感を高めることができるだろうか。

 

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ