まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

ファンが思っている球団ごとの前半戦MVPは? プロ野球ファン1,000人に聞きました

イメージ
イメージ

 2021年のプロ野球、ペナントレースも佳境に入ってきたが、前半戦ではどの選手が活躍したとファンは思っているのだろうか。産業能率大学スポーツマネジメント研究所は、全国の20~69歳の男女1万人からスクリーニングを行ったプロ野球ファン1,000人を対象に、応援する各チームに関して調査を実施した。

 前半戦のMVP、人気の選手、期待のホープについて、それぞれ聞いたところ、全球団中のMVPで最も得票を集めたのは、巨人の岡本和真選手(53票)だった。パリーグのトップは、ソフトバンクの柳田悠岐選手(46票)。今年、メジャーから戻った田中将大選手(24票)は楽天の中でトップとなっている。

 また、人気の選手については、五輪でも活躍した巨人の坂本勇人選手(48票)のほか、ここでも楽天の田中将大選手(40票)が票を伸ばした。実はこの2人、小学校時代の少年野球チームで坂本選手が投手、田中選手が捕手でバッテリーを組んだ同級生。2人とも人気を集める超一流選手になったわけだ。

 一方、これからの期待株については。甲子園で人気を集めた選手が票を伸ばしている。中日の根尾昂選手(25票)、日本ハムの清宮幸太郎(14票)、楽天のオコエ瑠偉選手(13票)が各球団でトップに。プロ入りしてからも、甲子園での活躍を忘れていないファンが多いようだ。

 最後に、各球団について、いくつか意識調査を行ったが、ニューノーマル調査の中で、12球団の中でファンが「球場観戦経験あり」と回答した割合が最も高かったのが阪神(95.0%)で他球団を圧倒! 甲子園球場で「六甲おろし」を歌ってこそのファンといえるのかもしれない。

前半戦MVP、好きな選手、期待のホープ調査前半戦MVP、好きな選手、期待のホープ調査

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ