まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

子どもと過ごす夏休み 行きたい場所に行けずに不満感じる人が多数!

main

 コロナ禍で迎えた2回目の夏休み。旅行に行くこともままならないほか、近所の行事もすべて中止というケースが目立つなど、子どもたちにとって、つまらない夏休みになっているかもしれない。そうした中、popIn(東京)は、子どもとの夏休みの過ごし方に関する意識・実態を把握するために、同居する子どもを持つ全国の親世代1,342人を対象にアンケート調査を実施した(調査期間:2021年8月13日~16日)。

 子どもだけではなく、一緒に過ごす親たちもコロナ禍の夏休みはつまらないと感じているようで、子どもとの夏休みの過ごし方に不満を感じている人は「やや不満」も合わせて7割強に達している。その理由としては、7割の人が「行きたい場所に行けていないから」を挙げていた。そのほか「子どもも大人もストレスが溜まる」「自宅でやることがない」「予定が中止になるかヒヤヒヤする」などの回答もある。

 では、そんな中で、子どもとの外出先を聞くと、「ショッピングセンター」が最も多く35.9%、差がない2位、3位が「公園」で34.7%、「祖父母、親戚宅」で34.3%となるなど、身近な場所で済ませた様子。観光地への旅行や遊園地・テーマパークは1割以下で、「どこにも出かけない」が3割強に達するなど、なるほど、これでは不満を感じるのは当然と言えそうだ。

 行きたくても行けなかった場所を聞くと、観光地への旅行を3人に2人が挙げたほか「遊園地、テーマパーク」「海」などが上位を占めていた。一方、家でどう過ごしたかについては、オリンピックが開催されたこともあっては、「一緒にテレビを観る」が7割近くに達している。

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ