まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

オンライン婚活での悩みとは? 男女の間で大きな差

イメージ
イメージ

 婚活にいそしむ人は多いと思われるが、婚活サービスを利用している人はどれくらいいるのだろう? 実際に利用している人の意識は男女で差があるのだろうか──Parasol(東京)が未婚男女270人(女性138人、男性132人)を対象に実施した「婚活の実態」に関する調査では、男女で大きな差がある実態が明らかになった。

 婚姻者のうち婚活サービスを利用したことがある人は、婚活実態調査2020「リクルートブライダル総研調べ」によると、2017年時点では「15.6%」だったのが、2019年には「30.4%」に上昇。特に、最近では「マッチングアプリなどのオンライン系婚活サービス」の利用経験率が高まっているが、直接相手と会わずにお相手探しが可能な婚活ツールとして、コロナ禍において「オンライン婚活」は定番となっているようだ。

見えてきた「婚活ヅカレ」~男性は「振られヅカレ」、女性は「アプローチされヅカレ」~

 

 そこで、オンライン婚活での悩みを聞いてみると、男性で多いのは「理想の相手とマッチングしない(出会えない)」「オンラインで出会ったお相手とのメッセージが続かない」となり、いずれも4割を超す結果に。一方、女性は「メッセージを返信するのが面倒」と回答した人が「56.4%」と最も多かった。

 回答の傾向について男女に大きな差が出ており、男性は「マッチングしない」「いいと思った人と続かない」と「振られる」悩みが多く、女性は「メッセージを続けるのが面倒」「会っても楽しくない」など相手に対して「満足しない」悩みが多い様子。男性にも「満足しない」系の回答があるが、「振られる」系が多いのは、男性の登録者が多い傾向にあることが理由として考えられそうだ。となると、絶対数が少ない女性にアプローチが集中するため、「アプローチ疲れ」に陥る女性が多いのかもしれない。

 男女ともに、異性とのメッセージのやりとりで悩みを聞くと、半数以上の男性が「相手がメッセージの返事をしてくれなくなる」と回答する一方、半数の女性が「メッセージは続くが、苦痛を感じる」と回答するなど、ここでも男女差のアンバランスが影響しているように思われる。

 メッセージから一歩進んで、デートやお見合いに対する気持ちを聞くと、「デートが楽しくない(相手によるが基本は楽しくないという回答を含む)」と回答した女性は3割強で、1割強だった男性の3倍に! う~ん、婚活アプリは女性優位と言えそうだが、満足できる結果を得るのはラクではなさそうだ。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ