まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

女子中高生の流行語大賞上半期 TikTokでバズれば天下統一!?

d17469-18-576183-0

 今や、SNSを通して中高生がブームを作ることも珍しくはない。AMF(東京)は、今年の1~6月までのトレンドをまとめた「2021年上半期のJC・JK流行語大賞」を発表した。

 発表は、「ヒト」「モノ」「アプリ」「コトバ」の4部門。ヒト部門で栄えある1位を獲得したのは、オリジナル曲「うっせえわ」がYouTubeの再生回数1.5億回を超える大ヒットになったアーティストAdo。多くのインフルエンサーが歌ってみた動画をアップし、2021年上半期を代表する曲となった。リリース当時は女子高生だったAdoさんに、「同世代なのにすごすぎる」と多くの女子中高生から注目が集まった。2位は、アーティストの「INI」。3位は、5人組YouTuberの「コムドット」となった。

 モノ部門で1位に輝いたのは「地球グミ」。TikTokで見て買ったという女子中高生が多く、2021年上半期の女子高生を象徴する食べ物となった。2位は、漫画原作の人気アニメ「東京卍リベンジャーズ」。3位は「パーソナルカラー」だった。自分の肌が「イエベ(イエローベース」か「ブルべ(ブルーベース)」かを診断して、自分の肌トーンに合わせたコスメ・ファッションを選ぶパーソナルカラー。資格を持つプロの診断を受けて自身のメークに生かすと「垢抜ける」と女子中高生の熱い支持を集めた。

 アプリ部門では、Instagramの「ストーリーエフェクト」が1位に。ストーリーズ機能の一部であるストーリーエフェクト。数あるエフェクトの中から特にグリッターが付く加工が人気なことから「グリッターエフェクト」とも呼ばれている。2位は、動画加工の「CapCut」。TikTokの運営会社であるByteDanceが出している最新アプリだ。そして3位も、Instagramの「PhotoBooth」が選ばれた。PhotoBoothは名前の通り、フォトブースで撮影しているかのような写真を撮ることができる機能。

 コトバ部門で1位になったのは「はにゃ?」。芸人の丸山礼さんが生んだ言葉で、面白さとかわいらしさの両方を表現できる言葉として人気を得た。2位には焦っている様子を表す「アセアセ」が、3位には東京卍リベンジャーズのセリフ「ひよってるやついる?」が選ばれた。

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ