まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

日付に「こだわり」3か月~半年前に決定! 入籍する日に関して聞きました

イメージ
イメージ

 やっぱり、夫婦にとって結婚記念日って特別なもの──だからこそ、入籍する日について「こだわり」で選ぶ人が多いようだ。エニマリ(くふぅカンパニー・東京)が入籍した人、入籍を予定している人154人を対象に実施した「入籍に関するアンケート調査」でも、そのような傾向が読み取れる。

 この調査によると、結婚記念日について、入籍日と結婚式を挙げた日では、入籍日を記念すべき日に選ぶと答えた人が9割。だからこそ、入籍にこだわる人が多いようで、入籍時にこだわったことを聞くと、「入籍の日付(ふたりの記念日、クリスマス等のイベント日など)」(68.8%)が「婚姻届のデザイン」(45.5%)、「記念撮影(婚姻届と一緒に撮影、提出先の役所で撮影など)」(44.8%)を上回りトップとなった。

 では、その「こだわり」で選んだ入籍日にどんな日を選んだかというと、最も多かったのは、交際2年目や100カ月記念といった「ふたりの記念日」(35.7%)、次いで多いのは大安や一粒万倍日などの「日柄」(18.8%)、11月22日(いい夫婦の日)や2020年2月22日といった「語呂がいい日」(16.2%)となった。思い出などによる、ふたりだけの「オリジナル」、ゲン担ぎなどの「特定の日付」のいずれかで決めるのが、ほぼ同じという結果となっている。

 一方、「入籍日を決めた時期」については、入籍の「約半年前」がトップ、「3カ月前」がそれに続き、 7割以上の人が「3カ月〜半年前」には入籍日を決めている。なかには、約1年以上前から入籍日を決めているカップルもいた。

 さて、結婚記念日の理想の過ごし方では「レストランで食事」(82.5%)、「記念撮影」(54.5%)、「旅行」(53.2%)の順となったが、今はコロナ禍で「旅行」は難しいかも。そこで、迎えた結婚記念日に実際に行ったことでは「旅行」の代わりに「家でゆっくり過ごす」が上位に入った。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ