まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

学生時代に入っていた部活で多いのは? 「帰宅部」は全体の約何割?

イメージ
イメージ

 「今の体型から信じてもらえないかもしれないけど、これでも昔は…」と学生時代に部活でしていたスポーツ自慢をする人も少なくないだろう。「いや私は文化部だった」という人もいる一方、何もしていなかった「帰宅部」の人もいるのではないか。どんな部活が多いのか興味を引くところだ。LINEリサーチ(LINE)で日本全国の10代~50代の男女5,252人を対象に、学生時代の部活事情について調査を実施したところ、全体のTOP2は「テニス(硬式・軟式)」と「バスケットボール」になった。

 この2つは、10代~50代すべての年代、男女別でランクインしており、いずれも人気の部活だったことがうかがえる。第3位に入ったのは、文化部で唯一ランクインした「吹奏楽」。これは女性の人気が高く、女性だけに限ると第1位となった。4位以下は、「バレーボール」、「卓球」、「野球」、「サッカー/フットサル」といった球技が続き、8位「陸上競技」、9位「バドミントン」、10位「剣道」。6位の「野球」は、高校球児を目指していたのか男性ではトップだった。一方、「バレーボール」は各世代とも女性の割合が高い。「剣道」のほか、ランク外だった「柔道」など武道系は、年代が上がるほど高くなる傾向がある。

 一方、「何も入っていない」という「帰宅部」は全体で約1割。その割合は、男女ともに年齢が上がると増える傾向があり、若い世代ほど部活の経験がある割合が高いことが明らかになった。

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ