まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

歯医者さんになったきっかけは? 4月18日の「よい歯の日」にちなみ調査

イメージ
イメージ

 4月18日は日本歯科医師会が制定した「よい歯の日」──それにちなんで、アウトオブザボックス(東京)が運営する「歯医者の選び方」は「あなたが歯科医師になったきっかけは?」というアンケート調査を実施。現役の歯科医92人が回答した。

 二世タレント・政治家のほか、代々の家業を世襲──といったように親の職業を子どもが継ぐというケースはよくあることだが、歯医者さんはどうなのだろか? 子どもの頃から身近な人が就いている職業に憧れる、自分もなってみたいなどと思うのは自然の流れ。実際、質問に答えた歯科医師のうち44人と半数近い人が、歯科医師になったきっかけとして「親族に歯科医師がいる」と答えていた。

 次いで多かったのは「医療に興味があった」で18人の先生が回答。第3位は「身近に医療関係者がいる」の13人で、幼い時から歯科医がいるか、医療関係者がいる人が多数を占めているが、それ以外にも子どもの頃から「医療分野に興味があった」という人も少なからずいるようだ。さらには、「子どもの時に治療を受けた先生に感銘を受けた」人が9人で、これも何となく理由としてわかる。

 また、4人と少数だったが、「細かい作業が好きだったから」と答えた先生も。確かに、歯の治療はある種の職人芸と言えるかもしれない。

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ