まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

コロナ禍で妻は料理疲れに自炊飽き 夫の料理も休日に増える

イメージ
イメージ

 どんなに多くても朝夕の一日二食だった食事の準備が、今は三食。料理好きでもさすがに疲れる。献立を考えることはもちろん、自分の料理に飽きた、という人も多いことが、「食卓環境の変化」に関する調査(クレハ・東京)で分かった。

 共働きの20~40代の夫婦400人(男女200人ずつ)を対象に調査。コロナ前後の食卓の変化について、料理をする機会や家族との食事の時間が増えた、という人が多いのはもちろんだが、「自分が作る料理を食べることに飽きた」り、料理を苦痛に感じるようになった人も多かった。この回答は夫に比べて妻たちに多く、食事の準備を担うことの多い妻側の苦労が浮き彫りになった。

 食事の準備にプレッシャーやストレスを感じるのは、「料理に自信がない」や「品数豊富な料理を作らなければならない」という理由が多かったほか、妻たちは「栄養バランスが保たれているか不安」という意見が45%にも及び、家族の健康を考えて献立作りをする苦労がにじみ出た。

 一方で、休日に食事の準備を分担している夫も増えているようで、3割の夫たちが「休日は半分以上自分が食事の準備をしている」と回答した。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ