まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

2020年、最も再生されたYouTubeチャンネルは? 「インフルエンサーパワーランキング」発表

イメージ
イメージ

 コロナ禍で増えている自宅での動画視聴。お気に入りのチャンネルやインフルエンサーはどれ・誰かな? BitStar(東京)は、2020年に活躍した動画クリエイターや動画チャンネルの人気ランキングを発表した。調査対象は、国内のチャンネル登録者数が1,000人以上のYouTubeチャンネル(期間は2020年1~12月)。

 「YouTubeチャンネル総再生数」ランキングで堂々の1位を獲得したのは、TikTokのフォロワー数が日本一の「Junya.じゅんや」(8億8,810万回)。チャンネル開設からわずか4カ月という短い期間で1位に輝いた。動画の長さは10分未満が多く、TikTok動画をYouTubeにあげているケースが多い様子。動画の投稿本数が多く、2020年12月だけでも140本以上の動画をアップしている。チャンネル登録者数は現在400万人を超え、今年も注目度の高い一人といえそうだ。2位は愛知県岡崎市出身の6人組YouTuber「東海オンエア」(8億8,249万回)で、3位も6人組YouTuberの「Fischer’s-フィッシャーズ-」(6億9,597万回)だった。

【2020年総括】YouTubeチャンネル総再生数ランキング

 「動画1本あたりの再生数」ランキングで1位となったのは、「Kota Mino Kids Channel /こたみのチャンネル」の「【寸劇】みのちゃんはいつでも赤ちゃんになりたい! 素敵なお姉ちゃんになって赤ちゃんのお世話できるかな? *Mino Pretend nanny 教育 こたみのチャンネル」(1億2,356万回)。チャンネル自体も、1年間で登録者数が約150万人伸びている人気ぶりだ。2位は、昨年何かと話題になった「LiSA Official YouTube」の「LiSA 『炎』 -MUSiC CLiP-」(1億1,712万回)。3位は、「米津玄師」の「米津玄師 MV『感電』」(1億1,549万回)となった。

【2020年総括】動画再生数ランキング

 「新規開設チャンネルの登録者数」ランキングで栄えある1位になったのも「Junya.じゅんや」(集計時点で385万人、現在は400万人を超えている)。2位は「エガちゃんねる EGA-CHANNEL」(227万人)で、3位は「佐藤 健/Satoh Takeru」(197万人)だった。そして、「タイアップ動画(広告コンテンツ)」ランキングで1位だったのは「荒野行動(NetEase Games/網易娯楽)」で再生数は6,182万回。2位は「コード:ドラゴンブラッド(Sixjoy Hong Kong)」の1,540万回。3位は「Qoo10ネットショッピング(Qoo10)」の1,384万回となった。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ