まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

「どこにも出掛けていない」が6割超 コロナ禍の休日の過ごし方アンケート

イメージ
イメー5

 今年は春先から新型コロナウイルス感染拡大の影響で、旅行や他府県への移動や外出の自粛が続いてきた。緊急事態宣言が5月下旬に解かれた後、政府は7月22日から、自粛の影響で落ち込んだ旅行・飲食・イベントなどの需要喚起を目的に「Go To トラベルキャンペーン」をスタートさせた。その後、皆どれぐらい「お出掛け」をしているのだろう? アイブリッジ(大阪市)はセルフ型アンケートツール「フリージー」を利用し、20~60代の2,000人を対象に、週末の過ごし方に焦点を当て、旅行・外出の状況や意識についてのアンケートを行った(調査日9月28日)。

 まず、9月26日と27日の土日について、外出をしたかどうかを尋ねたところ、「どこにも出掛けていない」と答えた人が最も多く64.6%で、「出掛けたが、宿泊はしていない」が32.0%。「宿泊を伴う外出をした」人は3.5%にとどまった。年代別に見ると、若い世代ほど外出した人が増加していた。

 また、外出した人が実際にしたことで最も多かったのは、「外食に出掛けた(日常的に行っている店を除く)」で21.2%。外出した場所は「住んでいる市町村内」(43.9%)、出掛けた際の主な交通手段は「自家用車」(59.7%)が最も多かった。回答者の3人に2人はお出掛けの自粛を続けており、出掛ける際は自家用車を使ってなるべく近場に行く人が多く、休日の過ごし方でも他人との接触を避ける行動を取っている人が多いことがうかがえた。

 「旅行やお出掛けに関して不安に感じること」を聞いたところ、「新型コロナなどに感染しないか」(57.5%)が圧倒的に多く、「新型コロナの感染拡大につながらないか」(34.8%)、「感染防止対策がされているか」(28.6%)と続いた。前回9月1日に行った同内容のアンケートと比べると、「訪問先に歓迎されない(嫌がられる)のではないか」が4.3%、「新型コロナなどに感染しないか」が3.9%減少した一方、「不安なことはなにもない」が4.2%、「新型コロナの感染拡大につながらないか」が1.5%増加していた。

 今回の調査結果からは、新型コロナウイルスの影響で、3人に2人は休日に出掛けない一方、外出をしている人は、住んでいる市町村内や隣接している市町村など近場に自家用車で出掛けるなど、新型コロナウイルスの感染を意識して外出をしていることがうかがえた。また、約1カ月前に実施した同内容のアンケートの結果と比べて、外出や宿泊を伴う外出が若干増えたほか、新型コロナウイルスによる外出の不安も若干減り、外出する人の増加が見られた。旅行・飲食・イベントなどに対する国の需要喚起策の一方で、まだまだ警戒しながらのお出掛けがしばらく続くのかもしれない。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ