まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

在宅で家事分担進む “コロナ家事”も発生

イメージ
イメージ

 共働きが増えても家事分担はなかなか進まない。家の外で制度が変わっても、家の中の意識を変えるのは一朝一夕にはいかないからだ。だが、コロナ禍で男女とも在宅時間が増えたことに背中を押されて家事分担が進んでいることが、「夫婦の育児・家事」に関する意識調査(リンナイ)で分かった。

 関東圏在住の20~40代で、小学生以下の子どもを持つ既婚男女1,000人を対象にした調査。コロナウイルスの影響で在宅勤務、在宅時間が増えたと回答した人が過半数おり、在宅時間が増えたことで家事の分担をするようになったと答えた人は6割に上る。そのうち、男性の6割が育児・家事参加率が上がったと回答。具体的に男性の平均的な育児時間は約3時間で、コロナ前と比べてプラス1時間、家事は約2時間でプラス40分だ。もっとも女性の平均的な育児時間は10時間(コロナ前+1時間)、家事は5時間(同+30分)だから、差が縮まったとも言いにくい。

 コロナ禍で新たに増えた“コロナ家事”は、やはりマスクの手洗い、洗濯。子どもの検温や家の換気なども挙げられた。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ