まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

おうち時間は部屋着でリラックス! でも「宅配便が来ちゃった」の失敗談も

img_230356_14

 自宅においてテレワークで仕事をする時、バリっとスーツを着ているはほとんどいないだろう。たいていの人は部屋着で仕事をしているのではないか。中にはオンライン会議に出席する時も「上だけシャツで下は短パン」なんて人もいるのでは? 新型コロナウイルスの影響によって自宅で過ごす「おうち時間」が増えるにつれ、実際に、部屋着で過ごす時間が多くなっているようだ。

 ユニクロ(山口県)が実施した、在宅勤務経験が1カ月以上ある400人の男女が対象の「ニューノーマル時代の部屋着に関する調査」によると、約55%の人が部屋着で過ごす時間が増えていると回答! 部屋着を着る理由として4人に3人が「リラックスしたい」を挙げていた。

 また、2人に1人は、帰宅後すぐに着替えるようになったという。これは外からコロナウイルスを持ち込みたくない、といった感染予防が大きな理由だが、文化学園大学服装学部教授の佐藤真理子先生によると「部屋着はリラックスモードへのスイッチになっていると思われる」という。新しい生活様式が定着するとともに、部屋着を着たリラックスモードの時間が増えていきそうだ。

 でも、普段着のテレワークで失敗談も少なくない。この調査では、約3人に1人が「宅配便が着た時にひどい服装で出てしまった」と回答している。生活様式が大きく変わり、部屋着も、リラックスできることはもちろん、急な来客やテレワークにも対応できる清潔感やおしゃれさ、トレンド感もポイントになってくるかもしれない。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ