まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

「踏み切って良かった」が圧倒的! 離婚女性に聞く離婚原因のトップは?

イメージ
イメージ

 Agoora(東京)が運営する弁護士相談ポータルサイト「離婚弁護士相談広場」では、20~50代の離婚経験がある女性149人を対象にアンケートを実施。主な離婚理由や離婚後の懸念点などについて聞いた。

 今回のアンケートで離婚理由(複数回答)の1位となったのは、「性格の不一致(意見の相違・愛情が冷めた・一緒にいたくない)」で53.52%に達した。回答者の半数以上が離婚理由に挙げており、2位を20ポイント以上引き離している。

img_226980_1

 2位になったのは「経済的理由(借金・浪費・働かない・生活費を渡さない等)」で30.99%、「夫の不貞行為(浮気・不倫など)」が24.65%で続いた。全回答者の20%以上から回答を獲得したのはこれら三つのみ。離婚につながる三大要因は、「性格の不一致」「経済的理由」「不貞行為(浮気・不倫)」であることが明らかになった。

 それに続くのが「精神的な暴力・ストレス(モラハラ行為やいやがらせ、自由の束縛など)」(19.72%)。「DVなどの暴力行為」(13.38%、6位)より高い値となっている点から、肉体的暴力よりも精神的暴力の方が、加害者が自覚しにくい分、結果的に離婚要因につながりやすいようだ

 一方、離婚を考え始めてから実際に離婚するまでにどのくらいかかったかを聞くと、「3年より長い」(21.13%)がトップに。反対に、半年以内(15.49%)で離婚した人も多く、1カ月以内(10.56%)、3カ月以内(16.90%)を合わせると全体の42.95%に達する。半年以内の短期間でスッパリ離婚する人と、3年以上の長い期間を掛けて離婚の判断に至る人に両極化する傾向が読みとれる。

 離婚したことに対する満足度の調査に対しては、95.77%の人が「離婚して良かった」と回答。多くの人が離婚を経験したことに対してポジティブな様子だ。一方、「離婚後に不安に感じること」では「収入が少なく生活が苦しい」(43.66%)を挙げる人が圧倒的に多く、経済的な不安を感じる声は、先の質問で「離婚を後悔している」と回答した人の中に多くみられた。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ